ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】憧れの先輩にアナル開発されてしまった大学生の話

【ゲイ】憧れの先輩にアナル開発されてしまった大学生の話

忘れられない思い出

長崎県在住の匿名さんからの投稿。学生だった頃、突然先輩にキスされてしまったという投稿者。嫌ではなかったので拒否しなかったことがキッカケで、その日から先輩にアナル開発されることになったらしく・・・・・
イチャつくゲイカップル
大学2年から3年になる少し前まで、3年生の部活の先輩と共に6畳一間にで寝起きしていました。

先輩から『家賃を浮かすために2人で生活しないか』と持ちかけられたのがきっかけです。当時は結構遊んでばかりいてお金もなかったので話に乗ることにしたんです。

さすがに部屋の狭さはあったけど気心知れた先輩だったし、特にストレスもなく過ごしてたんです。

そんなある日のこと。

私が朝起きるとなにやら重いのでなんだろうと思い、見てみると先輩が私の身体の上に乗りキスをして来たんです。

一瞬、戸惑ったけど実は私も素敵な先輩だなと思っていたので拒否することもなく舌までからめ合うようになりました。

ノンケだったんですが、何故か先輩は嫌じゃなかったんです。

次第にエスカレートした二人は全裸になり、お互いのペニスを69の姿勢で口に含み口内に射精して飲みました。

そんなことが何度も続いたある日、お互い全裸で抱き合っていたら先輩に「よつんばになってくれ」といわれ、私のお尻の穴につめたいジェリー状のものを塗られ、「今からペニスを入れる」といわれました。

私もいつかはアナル処女を奪われると覚悟してましたので、聞いたときはいよいよかといった感じです。

期待と不安がよぎる中、何度も挑みましたが、あまり痛くてその日は挿入できませんでした。

そんなことが続いたある日、私のお尻の穴も次第に柔らかく開くようになり、指も3本位楽に入るし、ソーセージも入るようになりました。

そして、改めて先輩のペニスが入りました。

カリ部分が入るまで少し時間がかかりましたが、それからあとはすっかり先輩のペニスは根元まで挿入出来ました。

先輩はゆっくり腰を前後していましたが、よっぽど気持ち良かったらしくすぐに射精してしまいました。中に出されているのはよく判りました。

それからはお互い自信がつき、先輩のペニスを口に含んだ後、アナルに入れて射精してもらっていました。

先輩と別れた後は、疑似ペニスを購入し、一人でアナルに挿入して自らのぺニスを手でしごいて射精していました。

その後相手が見つからず、ペニスを咥えることもアナルに入れてもらこともありません。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    良い経験しましたね。
    一度でも 男同士の経験して、チンポと精液の味と、アナルの快感を知ってしまうと、忘れなれないでしょ?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。