ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】理事長の巨大ペニスで女にされた男の娘

【ゲイ】理事長の巨大ペニスで女にされた男の娘

僕の救世主

宮崎県在住の会社員さんからの投稿。中学の頃、見た目や仕草が女っぽい投稿者は学校で壮絶なイジメにあっていたという。そしてイジメはエスカレートし性的なものへと発展していったのだが・・・・
教員に犯されるDC
今から10年前、当事の僕は中学校2年生でした。

今は共学ですが、当時は男子校でした。

今も小柄で華奢な体型(162/49)ですが、当事は恐らく155/40くらいだったと思います。

その小柄な体型と内気な性格や、女性っぽいしぐさや言葉遣い(元々恋愛対象は男性でした。)の為か、同級生や先輩達から毎日虐めに遭っていました。

虐めは日々エスカレートしてある日の放課後の事、恐れていたことが起きました。

遂に性的な虐待を受けてしまったのです。

冬場は使用されていないプールの更衣室に無理矢理連れて行かれた僕は、皆の前で全裸になる事を強要され、その場でオナニーしろと命じられました。

もちろん僕は拒絶したのですが、当然許されるはずも無く10数人もの前で強制的にオナニーをさせられました。

周りから、『小せえチンポだなぁ、小指程しかないぜ?』とか『おい、コイツまだ毛が生えてねぇよ、もしかして小学生か?』等とヤジを受けながら、早くこの状況を終わらせたい一心で一生懸命オナニーをしました。

僕は今でも早漏なんですが、その時は僅か30秒ほどで射精しました。

ボス格の先輩から『精子が1滴も出なくなるまでオナニーしろ』と追加の命令が下され、全て出し尽くすハメに・・・

しかも、そのあと僕自身が放出したミルクを飲まされました。(汚れるからとの理由で、全てコップの中に射精させられていたのです。)

もちろん精子を飲むのは始めてでしたが、実はそこまで嫌な気がしなかったのが正直なところです。

その後、余りの恥ずかしさと、5回以上もエクスタシーを感じてしまっていたので、放心状態になっていると、僕を全裸のまま縛りつけて、衣類(下着もです)を全て持って行ってしまいました。

去り際に、『服はお前の机に置いておくから、自分で取りに行けよ!』と言われました。

更衣室で一人、全裸の上に全身を縛られて、身動きが取れなくなった僕は呆然としました。

ロープを解こうとしても、かなりきつく縛られていてどうする事も出来ませんでした。

それから数時間たち、辺りも暗くなって部活動をしていた生徒たちの声も聞こえなくなりました。

(あぁ、明日までこのままなのかなぁ・・・あ、でも今日から両親二人で旅行に行くって言っていたから心配かけなくて良かった・・・。)等と考えていると自然に涙がこぼれました。

一度涙が出ると涙腺が決壊してしまい一人泣きじゃくっていると、突然更衣室の扉がガラガラッと開きました。

『君!そんな格好でどうした?何かあったのか!!!』

声の主は理事長先生でした。

たまたま部室の近くで僕の泣き声に気づいてくれたようです。

理事長はすぐに僕を縛っていたロープを解いて、僕に事情を聞きました。

話しを終えるとすぐに僕の教室に衣類を取りに行ってくれました。

しかし下着だけは捨てられてしまったらしく、見当たらなかったとの事でした。

とりあえず制服を着ると理事長室に連れて行かれて、詳しい事情をお話ししました。

『なるほど、なんて卑劣な奴らだ。これは大問題だ。しかし今日は電車で帰らない方が良いな。通学路で君を待ち伏せしているかもしれん。先生が車で送ってやろう。』

そう言って、僕を理事長先生の車に乗せてくれました。

最初は僕の家に向かっていたのですが、両親が今日から海外旅行に行って、10日間一人ぼっちだと話すと、何か問題があるといけないから、と理事長先生のお家にお世話になる事になりました。

理事長先生のお家に入ると家政婦さんがいて、先生が僕向きの食事を作るようにと指示されました。

暫くして、二人で食事をしながらお話ししていて解ったのは、先生の奥様は娘さんを産んですぐに亡くなってしまった事、その娘さんも3年前にお嫁に行ってしまい今は一人暮らしで、家事は家政婦さんがやってくれているが、住み込みでは無いので気が楽だと言う事でした。

その後お風呂に入る事になり、何となく一人が寂しかったので一緒に入って欲しいと先生にお願いしました。

先生は「あれだけ怖い思いをしたからな、今日は先生に遠慮なく甘えていいぞ」と言ってくれました。

そして一緒にお風呂に入り僕の身体を洗ってくれていたら、僕の小さいものが硬くなってしまいました。

『おや?可愛いオチンチンが勃起しているようだね?先生に身体を触られて感じてしまったかな?』と先生が言いながら僕の小さなものに手を伸ばしました。

『あんっ!』

思わず声を上げてしまいました。

先生は更に僕のものを摩りながら言いました。

『ほう・・・女の子みたいな声を出すんだねぇ。さっきは自分で何度もオナニーをしたって言っていたが、自分が触るのと先生に触られるのはどっちが気持ち良いんだ?』

僕は正直に答えました。

『あ、せ、先生に、んっ、先生に触ってもらう方がずっと・・ずっと気持ち良いですぅ・・。』

『そうか、そうか。では先生の手でもっと気持ち良くして欲しいか?』

『あくぅ、はぃ、先生の手で、もっと、もっと気持ち良くしてぇ・・。』

『先生の言う事は全て従うと約束するなら気持ち良くしてやるぞ?どうする?』

『はぅん、誓います、あふっ、先生の、先生の言う事は何でも聞いて、あぁん!・・良い子にしますからぁ・・・だから、だからもっと気持ち良くして下さい!』

僕の返答に満足された先生は、突然僕のものをフェラチオしました。

その瞬間、僕は先生の口の中に射精してしまいました。

『さっき全て搾り出したと言ったのにたくさん出たな。そんなに気持ち良かったか?』

『はぁ・・はぁ・・はい、すっごく気持ち良かったですぅ・・・。』

『そうか、そうか。では満足した所で、先生も気持ち良くしてもらおうかな?やり方は解るだろ?』

僕はコクンッと頷くと、仁王立ちしている先生の前に跪きました。

そして僕の目の前に先生のペニスが猛々しく天を向いてそそり立っていました。

始めてみる大人の勃起したペニス・・・先生のペニスは20cmを超える巨大なものでした。

そして使い込まれているのを象徴する様に、黒光りして神々しさを感じる程に偉大なものでした。

少し顔を近づけると、その偉大なものから鼻をツンッと突く雄の香りが漂ってきました。

(あぁ・・・凄く良い香り・・・ドキドキしちゃうよぉ・・・。)

心臓が口から飛び出るかと思うほど、僕の鼓動は高まりました。

緊張感と、今まで経験したことの無い隠微な雰囲気に目が回りそうになりながら、僕の唇は先生の逞しいものの先端に触れました。

その瞬間、僕の中の何かが弾けました。(あぁ!この先生の逞しいものを喉の奥まで入れてしまいたい!)

心が命ずるままに、僕は顎が外れそうになるほど口を開き、巨大なペニスを喉の奥に導きました。

『おぉう!す、凄いぞ!初めてなのにこんなに奥まで。君は生来の男好きだな!』

先生に生来の男好きと言われて、(そう、僕は男性が好きなの!先生の逞しいペニスが大好きなの!)と素直に思いました。

それからは先生の声が耳に入らないほど、一心不乱に先生のペニスを口と手を使って愛撫し続けました。

そして先生のペニスが一段と膨張した時、(あぁ、先生の濃いのが来る!)と本能で悟りました。

次の瞬間、先生のペニスの先から大量の精子が噴出しました。

ペニスが何度も何度も痙攣し、その度に先生の大切な精子が僕の口内に注ぎ込まれました。

そして射精が止まると、精子を全て飲み込み、尿道に残っているものまで搾り取り飲み込みました。

(あぁ・・・先生のミルク凄く美味しい・・・。)

それから先生に抱きかかえられ、ベッドルームに連れて行かれました。

先生はとても優しく僕にキスをしてくれました。

先生の舌が僕の口内に入って来ました。僕の舌や歯茎、上顎、下顎を全て舐めまわされて、体中がとろけそうになりました。

キスが終わると、全身くまなく舐めまわされて最後に先生の舌が僕のアナルに到達しました。

数分間アナルを舐めまわされると、僕はおちんちんへの刺激無しに射精してしまいました。

先生は僕のラブジュースを僕のアナルに丹念に塗りこみました。

『今日からは先生だけの女になるって誓えるか?』と聞かれました。

『はい・・・なんでも言う事聞きますので、先生だけの女にして下さい・・・先生のペニスで僕の処女を奪ってください・・・。』

先生はニコッと微笑むと、僕のアナルに先生の巨大なペニスを添えました。

『最初は痛いけど我慢するんだよ?』

そう僕の耳元で囁くと、先生のペニスが僕の中に入って来ました。

それは人生で感じたことの無いほどの痛みでした。それでも先生の女になりたい一心で、必死に我慢していたら根元まで挿入されました。

そして緩やかなピストン運動が始まりました。しだいに痛みが取れてきて、先生の腰使いに併せて僕も自然とお尻を振ってました。

徐々に先生の動きが早くなります。僕は必死で先生にしがみついていました。

『おぅ、イク、イクぞぉ!!!』

先生が叫ぶと同時に僕の中に先生の子種が注入されました。

腸壁を叩く衝撃を感じた瞬間、僕も深いエクスタシーに落ちました。

射精をせずにイッてしまったのです。

僕は先生の手で女にしてもらえた悦びに包まれながら眠りました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。