ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】無垢な中学生がサウナで休憩していた末路・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】無垢な中学生がサウナで休憩していた末路・・・・・・・・・

おっちゃんに声をかけられ・・・

長崎県在住の会社員さんからの投稿。学生の頃、エロ雑誌目的でサウナに一人で行った時だった。必死にエロ雑誌を読み漁る少年をニヤニヤ嬉しそうに眺める中年親父。目が合ったと思うとこちらに近づいてきて・・・
手コキされる学生
近くの街にサウナがあり、中学生のとき初めて行った。

休憩コーナーに、エロ雑誌やマンガがたくさんあった。

その時は親と一緒で読むことはできなかったけど、思春期の僕はずっと気になっていた。

で、高校に入った夏休みに1人で電車で行くことにしたんだ。

中に入ると客は少なく平日を選んで良かったと、しみじみ思った。

一応風呂に入ったあと、ソファーで一般雑誌に隠してエロ雑誌を読んでいた。

見られないかとハラハラしてたけど、余計に興奮してギンギンになってた。

誰にもバレず数冊を堪能し、帰る前にもう一度風呂に入った。

浴場には年配のおっちゃんが一人いるだけだった。

湯に入っていると、おっちゃんが横に寄ってきて、「兄ちゃん、エッチな雑誌を見てたやろ?」ニヤつきながら言ってきた。

僕がうろたえると「中学生?」と聞かれので高1と答えた。

おっちゃんは「エッチなことに興味もつ頃やからな」といい、「ここ触ると気持ちええやろ」と、いきなりチンコを揉んできた。

そして「チンポも玉もまだ子供やなw」と笑った。

しばらく股間を弄ばれてて我慢してたら他の客が浴場に入ってきて、おっちゃんは先に風呂から出ていった。

少ししてから浴場を出てロッカーに行き急いで着替えた。

エレベーターで1階に降りると雨が降っていて、さっきのおっちゃんが立っていた。

何か気まずくて、どうやって逃げようか考えていると「兄ちゃん、自転車できたの?」って聞かれ、バカ正直に電車と答えてしまった。

で、「駅まで送ってやるわ」といい、車に乗せられてしまったんだ。

すると「銭やるからバイトしてみるか?」と聞かれ、意味が分からず「バイトですか?」と聞くと、「1時間だけドライブするだけだから」といい車を走らせた。

堤防の沿いを走り、アスファルトから砂利道を進み誰もいない川原の開けた場所に車を停めた。

外はすごい雨でワイパーを全開にしても視界が悪いほどだった。

おっちゃんは「チョット休憩していこうと」いいタバコを吸い始めた。

そして財布から千円札を数枚出してきた。

僕は少し怖くなって「バイトは、やっぱり止めときます」と答えたが、胸のポケットに札をねじ込まれ、ズボンの上からチンコをつままれた。

「ここ見るだけ見るだけだから」と何度もいって、ファスナーから出されてしまった。

我慢してたけど、指で揉まれるうちに固くなってきた。

シートを倒すとズボンとパンツを脱がされ、下半身を舐め回してきた。

じっとしていられないくらい、くすぐったくて気持ちよかった。

皮をむかれて舐められると、すぐにおっちゃんの口に精液を出してまった。

おっちゃんは精液を飲んだあとも、しつこいくらいに、チンコを舐めたり体中さわられた。

外が暗くなる頃にやっと終わって駅まで送ってくれた。

卒業するまでサウナには2度と行かなかったが、時々思い出してオナニーすることもあった。

大人になった今ではすっかり熟年好きになり、某サウナまで遠征してます。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。