Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 乱交 » 【ゲイ体験談】拒絶も虚しく生二本挿しされた結末・・・・・

【ゲイ体験談】拒絶も虚しく生二本挿しされた結末・・・・・

太マラそろい踏みの大当り

東京都在住の郵便局員さんからの投稿。1年に1度あるかないかというケツの疼きに耐えきれず某ハッテン場に直行した投稿者。普段はガタイ専だが、今日はもう、誰でも構わない・・・・・・

生二本挿し

 

先日ある発展場に行ってきた。

 

どうにもこうにも、疼きまくって掘られたくて仕方なかった俺は、普段は絶対相手にしない年下でも構わないほどスイッチが入ってた。

 

昼間の早い時間に行ったこともあって、人はそう多くはなかったが、ガタイのいい数人がタイプがいないのか、壁にもたれて立ち尽くしてたり、ソファーに座ってエロビ見てたりしていた。

 

満を持して俺が服を脱いで入って行くと、連中の目が釘付けになった。

 

俺は、心地の良い視線を痛いほど感じながら、また、これから起こる事への期待でどきどきしながら、暗いミックスルームへ入っていった。

 

俺のすぐ後に入ってきた大学生風のガタイのでかいマッチョが即効で俺の乳首に手を持ってきた。俺は乳首はさわさわっと触られても感じない。

 

それを知ってか知らずか、かなり強くつまんでコリコリしてきた。

 

「はう…」思わず声が出た。もう片方の手がケツに伸びてきた。

 

自分の唾液で湿らせてあったのか、すんなり指はケツに入ってきた。

 

奴の指は太くて、あったかかった。

 

乳首とケツを攻められ、俺は声を抑えられなかった。

 

立っていられなくなった俺は必死に奴にしがみついてた。

 

「かわいいな、もっと堕ちちまえよ」奴は耳元で囁く。

 

俺たちがミックスに入って行ったのを見てか、もう2人入ってきた。

 

ビデオを見ていた二人だった。

 

年は俺と変わらない30歳くらいで、ガタイは一人は俺と同じくらいのマッチョ、もう一人は俺が今絡んでる奴よりも更にでかく、顔は一番タイプだった。

 

俺たちの様子を最初こそ探っていたかようだが、気が付くと俺の唇はタイプのマッチョにべろべろにされ、マラはもう一人に咥えられてた。

 

俺は必死に耐えた。

 

奴の指は気がつくと2本入っていて、びくびく動かされトコロテン一歩手前まで来ていた。

 

タイプのマッチョが「なあ、みんなで個室行こうぜ」と声を掛けると、俺は全員に抱えられながら個室に移らされた。

 

移動の間も指は入れられたまま。

 

「もう十分開いただろ」と、奴が仰向けに寝た上に俺を乗せた。

 

「てめーで入れろ」

 

もちろん奴はゴムなんてしていない。

 

俺はもう、ナマでもなんでもよくなってた。奴の上にまたがった。

 

でかい。

 

「あ…、すげえ……。入りきらねえよ」と切なげに俺は呟いた。

 

それを聞くと奴が腰を一気に突き上げ、乳首を舐めてたタイプが俺の肩をぐっと押さえ込んだ。

 

「あ!!くっうぅぅ……」

 

ずぶっ、て感じで根元まで入った。長さはさほどでもないが太い。

 

俺の敏感な場所に当たる。

 

初めはゆるゆると動かしていたが、次第に奴は腰のグラインドが大きくなって、俺も声が出始めた。

 

タイプが俺の口にマラを突っ込んできた。これがまたでかい。

 

奴のよりも更に太い。しかも先走りがハンパじゃなかった。

 

俺は夢中になって腰を振り、マラをほおばった。

 

タメ位の奴も反対側からマラを突き出してきた。

 

こいつも奴と同じくらいのでかさで、ケツを掘られながら俺は「今日は太マラの大当たりデーだ」と嬉しくなった。

 

下から突き上げる奴が、俺を抱きかかえ、後ろから結合部が丸見えの姿勢になった。

 

「もう一本入れちまえよ」

 

奴が腰を動かしながらとんでもねーことを言いやがった。

 

気持ちよくてそれどこじゃなかったけど「無理だよ、一本で十分だよ」と俺はなんとか拒絶した。

 

しかし。

 

タイプが俺の口からマラを抜くと後ろに回り込み、なんと、太マラをくわえ込んだ俺のケツにあてがっている。

 

奴は腰の動きを一度止め、タイプのマラが入ってくるのを待っている。

 

最初は太いのがもう入ってるし、なかなか亀頭すら入らなかった。

 

でも、一気にまた押し込まれた。

 

「ああっ!!」

 

思わず声が出たらかえって力が抜けたのかタイプのマラはずずずっと奥まで入ってきた。

 

不思議と痛みが無かったのはラッシュのせいだけじゃなかった。

 

俺の敏感な部分に思い切り当るのだ。まだ腰を誰も動かしてなかった。

 

それなのに俺は「はあ…、はああ………」とあえぎ続けタイプが腰をちょっとでも動かすとイキそうになるのを堪えていた。

 

クチはタメ位のやつに犯され、そいつに脇の下を持たれ、俺が自分でケツを振るような姿勢にされた。

 

少しずつ動かしてみるが、もうイキそうだった。

 

自分でマラの根元を必死で握り締め、イクのを堪えていると奴らは激しく下から後ろから掘り始めた。

 

「すげえ、マラが当ってるぜ」

 

「2本も咥えやがってよ、かわいいじゃねえか」

 

「まだイクんじゃねえぞ、勝手にイキやがったらこのまま大部屋に放り出すぜ」

 

息も絶え絶えに奴らは言葉攻めして来る。俺は完全に真っ白だった。

 

こんな快感初めてだった。

 

俺の口を犯っていたタメが「やべ、こいつクチもすげえや。俺イキそうだ」と言うと、下から奴が「飲ませてやれよ」と。

 

俺は何がなんだか分からなくなるようなとろける快感の中で必死にマラをほおばった。タメの奴が俺ののどをすげえ勢いで犯し始める。

 

「おお、お、やべ、行くぜ、お前飲めよー!!おっイクッ!!!」

 

俺の喉に熱い雄汁が入ってきた。

 

すごい量が何度も何度も入ってきた。

 

タメがびくっびくっと痙攣を繰り返しながら俺の喉奥に打ち込む。

 

それを見ていた奴が「おい、淫乱、次はケツにたっぷり注ぎ込んでやっからよ!おら!!」と更に激しく腰を突き上げてきた。

 

「すげえ、お前のトロケツ、いいぜ。俺もイキそうだよ」

 

とタイプが俺の乳首を痛いほど摘み上げながら腰を打ち付けてきた。

 

俺はもう、声にならなかった。失神寸前だった。

 

力も入らず人形と化した状態でガンガン掘られる。

 

遠くで「おら!イクぜ!!俺らの子供産めよ!!」「はらんじまえよ!!」と聞こえた。

 

「イクぞ!イクぞ!!!」

 

「おお、イクっ!!!」

 

ケツの奥がじんわりと熱くなった瞬間、熱い波が押し寄せ、俺のマラからは触ってもいないのに雄汁が吹き出した。

 

だらだら、ではなく、激しく吹き出し、俺の顔、奴の顔にまで飛び散った。

 

俺たちはその場はそれで終わった。連絡先だけは4人で交換し合った。

 

偶然、街でタイプだった奴に再会した。

 

その夜、また全員集合して、俺は川原で犯された。



 

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索