ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】会社の妻子持ち同僚を誘ってみた結果・・・・

【ゲイ】会社の妻子持ち同僚を誘ってみた結果・・・・

男との不倫セックス

熊本県在住の会社員さんからの投稿。会社のプロジェクトでジャニーズ顏のガッチリ体型な先輩と一緒に働く事になった投稿者。話によると先輩の奥さんは出産準備のため実家に帰っているらしく・・・・・・

妻子持ちの会社同僚とセックス

会社の同僚たちの性処理玩具になれました。

発端は、同じグループのAさんです。

Aさんはジャニーズ顔ですが、ガッチリ体型でスケベな雄のフェロモンがプンプンしている、おいしそうな人です。

ちなみにAさんは妻子持ちです。

トイレで彼のズルムケ雁デカの淫水焼けしたスケベ黒いチンポを見た時は、頭がポーッとしちゃって思わずむしゃぶりつきそうになりました。

本当に危なかったかった………(汗)

そのAさんの奥さんが三度妊娠し、実家に帰っている間に遊びに行った俺は、おみやげにノンケ物の裏ビデオを持って行きました。

Aさんはいつもスポーツ新聞の風俗欄を欠かさず読みながらも「小遣いがもう少しあればソープ行くんだけどな、足りなくていけねえよ」なんて言っているのできっと溜まっているに違いない、ビデオでも見せたらムラムラして襲ってくれるのでは?なんて少し期待をしていたのです。

そうしたら、何とその期待通りの展開になってしまったんです!

俺は裏ビデオ見ながらギンギンに勃たせてるAさんに、しゃぶってあげようか?って聞いてみたんです。

そしたら、何と「おう、頼むわ」ってw

既婚者との不倫は初めてだったのですごく興奮します。

Aさんのチンポは凄くおいしかった。

ジュブジュブ音を立てながら一瞬も離す事なくしゃぶっていました。

ローションを渡すと俺のケツマンコをほじくりまわしました。

途中、しゃぶりながら俺が「あっ」なんて声を出すと、「ここが良いのか?」と言って集中して攻めてきたりしたりして、俺はもう感じまくりでした。

いよいよ、チンポがバックからケツマンコに入って来ました。

Aさんのチンポの雁がグワッと俺のケツマンコを拡げて入ってきます。

「ふぁ、あーっ」と声が出てしまう俺。

Aさんは「おお、ああ、気持ちいい。お前の中、熱いぞ。お前も、お前も気持ちいいか?」と聞いてきます。

俺は「気持ち良い、凄い、凄い」と悶えます。

「Aさん、突き壊して!俺の、俺のケツマンコ突き壊して!」と叫ぶと、

「おお、突き壊してやる!俺のチンポでめちゃくちゃにしてやる」と言われ、舌をベロベロ絡ませてキスしてきました。

完全にノンケだと思っていたので、キスされるとは思わなかった。

もしかしてバイ?…

その後、正常位~俺が上位~正常位になり、また激しくキスをしながら「ああ、出そう。中で出していいのか?」と聞かれ、「出して、いっぱい出して!」と答えると、「よし、行くぞ、出すぞ、お前の中に、あーっ!おら!んー!」と叫びながら、ピュ、ピュ、ピュ

ケツマンコの奥の方に出されました。俺自身もトコロテンしちゃって、チンポはベトベト。

ケツマンコから出したAさんのチンポを口できれいにしていたら、また元気になっちゃって、結局また2回ケツマンコに出されました。

俺の希望で、「男相手だといくら出してもガキが出来ないから何度でも出せるな」とAさんは言っていました。

Aさんとはそれから毎日のようにセックスをしていました。

嫁よりお前のケツいいな!と嬉しいことを言ってくれます。

でもだんだん刺激が薄れてきたので、俺は本来の目的を達成しようと試みたのです。

「Aさん、俺、SさんとTさんと一緒にしてみたい」と言ってみました。

Aさんは凄くいやらしい笑顔を見せながらこう言いました。

「面白そうだな、あいつらに話してみるよ」

Sさん(既婚)とTさん(最近結婚)はAさんと仲の良い人たちです。

それから、もう一人、Oさん(独身)を入れてのアフター5の秘密の乱交が始まったのです。

長くなったのでその話はまた次回にします。読んでくれてありがとう。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    次回も楽しみにしてます。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。