ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】都内にある発展林を徘徊してきましたwwwwww

【ゲイ体験談】都内にある発展林を徘徊してきましたwwwwww

都内にある発展林を徘徊

こんにちは。

普段は、彼女も居る38歳ですが、小学生高学年の頃から若干ホモっ気がありまして彼女とかが居る現在でも、

『男同士で触り合いをしたい』

『おじさんにイヤラシイことをしてほしい』

なんてことが、たまに頭の中でモヤモヤしてます。

先日も近所にある、都内にある発展場所に向かいました!

夏は、日焼けも出来る林と言うか森と言った感じの場所なのでレジャーシートを敷いて六尺やら、競パンやらと際どいスタイルで焼いている方がチラホラ居ます・・・

自分も軽く日焼けしようと思いGパンの下に競パンを履いて行きました・・・

その日は、複数で来ている方々が賑 やかに日焼けをしています・・・。

静かに焼きたいと思っていた自分は、日焼けは、断念してその林の中を徘徊してました。

小心者なので自分から声を掛けることが出来ないので、声掛けてくれるのを待つのですが、その日は、日焼けしに来ている複数の方以外は、居ませんでしたので車に乗って帰ろうと思ったところ、そばに車が着き中から年配の方が降りて、発展場に歩いていきました・・・

『お仲間の方なんだ』と思いながら様子を伺っていると、やはり人が居なかったせいか数分で戻ってきました・・・年配好きな自分としては

『いたずらしてほしいな~』なんて思い、再び発展場の林にわざと年配の方に見えるように行きました!

ちょと振り向くと、年配の方も車から降りて、こちらに向かってきます(予想通りでした)

数分ほど、お互いの様子を観察し、距離が縮まり目が合いあちらから

『あっちの方でちょっと遊ぼうか?』

と言われドキドキしながら頷き、さらに奥の日焼けしている人達からも見えない場所に連れて行かれ後ろから抱きつかれました・・・・

『かわいいな~』

と耳元で囁かれ、右手でTシャツの下に手を入れられ乳首をまさぐられ、左手でGパンをまさぐられ、ファスナーを下ろされ、脱がされました!

競パンを履いてるのに気がつくと

『モッコリがやらしいな』

『俺も競パンとかビキニのパンツとか好きなんだよ・・・たまらんな!』

と競パンの上からペニスをなぞられ完全勃起状態に!

年配の方も自らズボンを 脱ぎ、勃起したペニスがあらわに・・・

自分よりデカク立派でした・・・こちらからも触り扱きました・・・

やがてTシャツも脱がされ競パンも脱がされ全裸に・・・・

誰か来たらどうしよ?恥ずかしいと思い興奮状態です・・・

年配の方は、フェラ してほしかったようで、

『しゃぶれる?』

と聞いてきましたが、そこまで勇気のない自分は正直に、

『ごめんなさいフェラ は、出来ません』

と言うと、怒りもせずに年配の方がフェラをしてくれました!

さすが気持ちの良い場所が分かるのか、イキそうになりますが寸止めを何度か繰り返すのですが、限界が近づき

『きもちいいーイキそうです・・・もう駄目イカせて』

と懇願すると、

『よーしそろそろイカせてやろう』

と背後に回り手で扱くのに切り替わり耳元で

『どうだー気持ちいいだろー』

『男同士最高だろ!』

『こんなヤラシイ競パン履いてるスケベ小僧が』

と言われ自分も

『チンポ気持ちいいーたまらないよー』

『もっといやらしくやってー』

『イクイク』

と我を忘れて言いました・・・

やがて 絶頂を迎え、大量の精液が飛び、年配の方の手にもベッタリつき、そのついた精液をペニスに付け軽く扱かれ

『いっぱい 出たなー気持ちよかったか?またやりたいだろ?』

と言うので

『すごく気持ち良かったです・・・またオジサンとしたいよ』 と言うと

『また会ったらやろうな』

と言ってくれペニスに付いた精液をティシュで拭き取り、お互い服を着て

『またな!』と言って 年配の方は、先に立ち去りました。

それにしても気持ち良かった・・・

彼女も居るのに、こんなことして・・・

罪悪感もありますが・・・

こういうことは、やめるべきで しょうか?

それとも秘密で楽しめば良いのしょうか???・・・

なんて言いながらも、またその発展場の林に行ってしまいそうです。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。