ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】ハッテン場でモロ好みの坊主に声かけられちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】ハッテン場でモロ好みの坊主に声かけられちゃって・・・・・・

精液でいっぱいのケツ穴

都内在住の会社員さんからの投稿。先日、いつも利用しているハッテン場に行ってきたという投稿者。ヤル気満々だったがタイプの相手が全く見当たらず、とりあえずフテ寝する事にしたんだとか・・・・・・
ゲイの乱交パーティー
いつものハッテン場に行ってきた。

この日はやる気マンマンだったのに、イケてるのはみんな個室でサカッてるのか、全然タイプが見つからなかった。

ウロウロしてる俺にモーションかけて来る奴はいっぱいいたけど、どうみたって俺のタイプじゃないのばかりで、お断りモード全開だった。

気持ちも萎えてきて、やっと空いてる寝るスペースを発見して、とりあえずフテ寝。

ここでも、またイケてない奴がケツや乳首を触ってきたが、払いのけるようにして寝ていた。

俯せでいつの間にか爆睡モードに入ってた俺は、強引としか言えないようなタッチでケツを触られた。どうせまたタイプじゃない奴だろうと顔を起こし見ると、「おっ」と思うようなイケてる子だった。

28歳くらいの俺よりも3~4つは若い感じ。坊主頭一歩手前くらいの髪に、太めのがっしりした首から肩にかけてのラインは、モロ俺の好みだった。

俺が拒まないのを見てとると、奴は更に俺のケツを撫で回しながら、覆い被さって耳元で言った。

「ケツ使えるんでしょ。入れて欲しい?」

俺は言葉責めはあまり得意じゃなくて、すぐに「入れてくれぇ」なんてセリフは出てこなかった。

躊躇っていると、「イヤなの? 俺、タイプじゃない?」だと。

奴は俺の言葉を聞くまでは、どうしたってヤる感じではなかった。

なので「あぁ入れてくれぇ」と照れながら、小さな声で言ったら、奴は嬉しそうな顔をして、「もちろん」なんて言いやがった。

俯せのままの俺の腹の下に手を滑り込ませると、腰を持ち上げて、ケツを突き出すような格好をさせた。両手でケツをグィッと開くと、「かわいいね」と舐め始めた。

指でグイグイと広げながら、舌を遣って刺激してくる。俺は堪らなく、「うぉっ、すげぇキモチいいっ」なんて声を上げていた。

その声に吸い寄せられるように、俺らの周りに人が集まり始めた。さっきまで払いのけてた連中だったのと、じっくり責められたかったので、俺としては追い出したかったのだが、奴は立って見てる奴の手を引き、俺の身体を触らせている。

その内の1人がヒザをついて、俺の顔の前にチンポを差し出すと、頭を掴んで、俺の口にぶち込んできた。

逃れようとすると、俺のケツをずっと舐め続けていた奴が、俺の背中を押さえつけるようにして言った。「キライじゃないくせに」そう言うと、奴の唾液でいっぱいの穴に、いきなり指を入れてかき回し始めた。

クチュクチュクチュクチュとあまりに激しく刺激されて、俺はぼぅっとなってしまった。

その内に俺の口にチンポをぶっこんでいた奴が、「アッ、イきそう」と一言あげると同時に、何の心構えもしていなかった俺の口にドクドクとぶちまけやがった。

頭を押さえつけられていたのと、急だったので、俺はゴホゴホとすっかり咽せてしまったが、吐き出そうにも自由がきかず、そのまま口に含んでいた。

そんな俺を見て、奴は手を出して、「こっちに頂戴!」と言った。

俺は一瞬戸惑ったが、奴の手に口のモノを出した。すると、奴はそれを俺のケツ塗りたくるようにしたかと思うと、一気にぶち込んでいた。結合部に手を伸ばし確認すると、どうやら生のようだった。

散々舌になぶられた後だったんで、奴のチンポは根元までずっぽりと入った。

俺はケツに奴のチンポを咥え込んだまま、四つんばいの姿勢をとらされ、また別の男が俺の口にぶち込んできた。

奴が突く度にネチョネチョと、さっき塗られた精液が音を立て、俺はますます興奮していった。

太股に手を回し、グッと奥まで突いてきたかと思うと、抜けてしまうかと思うほど引いたり、奴の動きは堪らないもんだった。

周りの奴等も、俺が掘られているのを見ながら、自分で扱いたり、扱き合ったり。俺の顔や背中は、ねっとりと熱い精液にまみれていた。

奴はその背中に完全に覆い被さるようにすると、動きをドンドン速めていった。

俺はそのシチュエーションと、奴の腰の動きで、ヤバイほど声を上げ、その声に応えるようにケツ穴の刺激は強まっていった。

「うぅ、俺、ヤバい! イッちゃいそうだよ」

俺のその言葉を待っていたかのように奴も「俺もイクよ。一番奥で種付けしてやるよ」そう言って、ますます奥まで突いてきた。

「あぁぁ、ダメぇ、イクぅっ!」

俺がイッたのと同時に、ドクンドクンと、俺のケツ穴の中に奴の熱い精液がぶちこまれたのがわかった。トコロテンでイッた俺は、もう疲れきって動けないくらいだった。

その後はもう、やられ放題だった!

結局、3人に種付けされて、ケツ穴ん中は精液でいっぱいになった。

種付け交尾最高、病み付きになりそうだ。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。