ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】同級生に犯されたショタの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】同級生に犯されたショタの結末・・・・・・

ロープで縛られ・・・

愛媛県在住の匿名さんからの投稿。小学校高学年の時のこと、普段あまりしゃべらない同級生に「放課後PTAの会議室に来て」と言われたという投稿者。訳も分からないまま行ってみると、そこには・・・・・・
アナル処女を奪われた男の娘
初体験のした時のことを書きます。

それは小6の時です。

ある日、普段はあまりしゃべらない友達に「大切なことがあるから放課後PTAの会議室に必ず来て」と言われました。

大切なこととは何だろうと考えながらも、とりあえず行ってみることにしたんです。

そして、会議室にはいるとそこには何と丸裸になった同級生が合計3人いたのです。

そして、1人が僕の後ろに回り込みドアを閉めると急に「カチャッ!」と鍵をかけました。

そしてかけた鍵を解除できないようにガムテープでグルグル巻きに止めてしまいました。

状況がうまくつかめず固まっていると、もう一人が僕の前に走ってきて柔道の大外がりをかけてきました。

そして横に倒れた瞬間、急にロープで両手を手首をそろえた状態でがっちりと固結びにされ、それを天井のパイプに結びつけ急に立ち上がらせられました。

両手をバンザイの状態で固定され立たされた僕。手首にロープが食い込みます。

そして「大切なことっていうのは今からやる君の洗脳だよ…」と恐怖心を煽るような一言を放ったのです。

そして鍵をかけた子も戻ってきて、ニタニタと笑っていました。

そして僕を呼び出した子が急に厚いディープキスをしてきました。舌を無理矢理絡ませてきて初めはとても嫌な感じがしていました。

そして終わると今度は唇を離した瞬間、舌でペロっと頬を舐められました。もう一人がビリッと鈍い音をたてて僕の制服を力ずくで脱がしていきます。

ハサミも使ってシャツも破られ、ついに上半身裸に・・・

そしてその三人は僕の上半身をベロベロと舐め始めました。身体には唾液のにおいが染みついていました。なぜか嫌な感じはなく良い匂いのように感じられました

そしてついにズボンもビリリッと乱暴に脱がされパンツ一丁に・・・

嫌な予感はしましたが、最後のパンツもビリリッと・・・とうとう素っ裸になってしまいました。

足下からゆっくりと舐められてゆき、ペニスとアナルも舐められました。

そして、浣腸器による、ローションの挿入。カテーテルによる強制排出を経験しやっと解放されました。

浣腸器などの用具はその3人組の兄から借りたものだそうです。

その後、その集団に定期的に犯され、すっかり快楽に堕とされた僕は、週に一度集まってやるようになりました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。