Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 潮吹き » 【ゲイ体験談】一心同体を感じたウケ(39)の妙技がコチラ・・・・・・

【ゲイ体験談】一心同体を感じたウケ(39)の妙技がコチラ・・・・・・

ウケの妙技

名器とかトバシ屋とか色々特技ってあると思うんだけど、
これもかなりタチ泣かせの妙技だと思うよ。

いやマラが泣くんだよ。まぁ聞いてくれ。

昨日やったP氏のお話。ちなみにP氏、39歳。千代田区在住。管理職。初対戦。書きこみは、趣味で時々書かせて貰ってます。

初めバックからやろうとしたら、
P氏が特技を見せるよ、終始正常位でお願いすると言った。
そこで、正常位で入れる。

「んーっ」

と呻いて、同時にマラの鈴口から透明の液がじっとりと出てきた。
更に突っ込んで、ゆっくりゆっくり腰を動かすと、
なんとそれに合わせて、ジュッ、ジュッと汁が滲み出てきた。

初めは全くの透明だった汁が、段々と白みを帯て来る。驚いた。
P氏、本当にケツ好きなんだなと思った。
ゆっくりと出し入れし、金玉の後ろを撫でるように突かれると出てくるという。バイブでもOKらしい。色んな妙技を見たが、これは初めてだ。

次はP氏が俺の上に座るスタイルで突いた。P氏のPが腹に当る。
大量の汁が俺の下っ腹を汚している。

もう一度、正常位に戻って、そろそろイカせようと思った。
P氏のPを握ってみると、鉄のように硬く熱かった。
それはヌラヌラと手に引っ付いて、揉んでいるのも気持ちよかった。
P氏の目も虚ろで、もうどうにでもしてくれと顔に書いてある。

最後はP氏がこの様子を見られるよう、片足を担ぐスタイルでバコバコはめた。俺は手に熱くてヌラヌラになったP氏のマラを強く握っていた。
一番奥まで突いた時にイッた。

「オーッオーッ」と何度も突きながら、中へぶっ放した。

すぐにP氏も達した。

横になって「あと味」を話し合う。
こちらが

「俺の体から絞り取られた汁が、Pさんのチンポからあふれ出てきてるようだった」

というと、P氏は

「一身同体って感じだろ。正に気持ちよくって、泣きが入ってんだよな」

と語った。
これは書き込みに使えると思った。



 

カテゴリ:潮吹きの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索