ホーム » 巨根 » 暗い発展場で相手が外人とは知らず4発連続で種付けされましたwwwwww

暗い発展場で相手が外人とは知らず4発連続で種付けされましたwwwwww

結腸に達する巨チン

千葉県在住の男性看護師さんからの投稿。元旦の朝から仕事だった投稿者は夕方からウケ初めをするべく掲示板に投稿した。そしてレスのあった40くらいの親父さんと会うことに。真っ暗でほとんど見えない老舗発展場の2Fで落ち合ったのだが、掘られながらもどうも会話がかみ合わず違和感を覚えた投稿者は・・・・・・

相手が外人とは知らず

元旦から日直勤務で軽いストレスが溜まってたんで業務終了と同時にオス交尾希望で、

《176-68-2*リバウケ。ケツ好きに使ってほしい》

と掲示板に投稿。

5あるっていうレスに興味を掻き立てられ、待ち合わせの老舗に行った。
準備して、真っ暗な2階へ上がり、うつぶせ寝してると、顔なんてほとんど見えないけど、多分レスのあった40くらいの親父が。

とりあえずチンポ触ってみるとリング巨根でビックリ。

親父に15分ほど身体中舐められ、ローション付け足すと、いきなり寝たまま生挿入。
もちろん痛くて、ゆっくり少しずつにしてもらったが、なんだか会話が成り立ちにくい。何て言うか会話のキャッチボールができないw
で、ローション付けた量よりも明らかにケツがどろどろになってて。
今思えば、どろどろになる度に知らずに種付けされてたんだ。

その感覚が2時間で4回、最後は親父が外に出そうとしたから、根本を掴んで、自らケツマンに導いた。直腸が種の圧力で圧迫されるのがわかる。

「あなたにもイッてほしいデス」

と言われて、初めて親父は外国人と判明w

扱いてイかせようとしてくれたけど、まだ他のチンポ欲しかったから、親父とはサヨナラ。

足先手先の細かな震えを自覚しながら立ち上がると、スジ筋に誘われた。

すぐしゃぶって勃起させると、コイツも上向き巨チン。
四つん這いでケツマン向けたら、何にも言わずまた生。種マンだしね。
根本まで到達した途端、ガン掘り。
パンパンされる度に、生奥が辛くて、1分ほど我慢したが限界、一度止まってもらおうとしたら、呻き声。

尚更、結腸の入口を目指して突き上げられた。

叫びそうになる俺を尻目に、結腸の入口をグリグリして、暫くそのまま。
息が落ち着いて、ケツタブを2回叩かれたと思ったら、
いきなりスボっと抜かれ、

「あぁっ!」と短く叫んでしまった。

暫く動けなくて、腰立たなかった。

ようやく立ち上がって1階に下りると、ロッカーの前にはアジア系イケメン。友達と来てたようで、すぐさま帰っちゃった。

でも、帰り際に手を振ってくれた。
家に帰るも、ときめき醒めやらず。
外人に恵まれたけど、誰専の俺はチンポさえついてりゃ何でもいい。

あ~、ケツマンをチンポで好き勝手されたい。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。