ホーム » イケメン » 【閲覧注意】下痢便をくちゃくちゃと咀嚼して悦に浸る超絶イケメン

【閲覧注意】下痢便をくちゃくちゃと咀嚼して悦に浸る超絶イケメン

俺は顔面便器

山梨県在住の会社員(32)からの投稿。掲示板で恋人募集を書き込んだ投稿者。そしてメールをくれた19才と会ってみると、あまりのイケメンぶりに気が引ける投稿者。とりあえず居酒屋で軽く飲むことになったが、そこでイケメン君に衝撃の性癖を告白され・・・・・・
食糞プレイ
出会い系の掲示板で知り合った19歳の子が、超イケメンだった。

「友達~恋人募集」という微妙な括りで俺が載っけた掲示板に、その子がメールしてくれたのだ。

しかし、あんまりイケメン過ぎるから、「俺とは釣り合わないな……」と気がひけた。俺もアラサーのおじさんだし・・・・・

でもせっかく会ったことだし軽くお茶をしたが、共通の話題もなく、さして会話は盛り上がらなかった。

それでも、「一度くらいエッチできたら……」という下心を持ち、居酒屋へ誘った。飲めば、多少は会話が盛り上がるかもしれない、と。

あまり酒に強くないらしい彼は、酔うと饒舌になった。

とても楽しそうに1人で喋っていた。

が、少し沈黙があり真顔で「俺、実はスカトロが好きなんですよ」と、いきなり凄いことを口にした。

「カツさんの小便飲ませてもらえませんか?」

超イケメンのセリフだとは、信じ難かった。

スカトロジストには悪いが俺にそういう趣味は全くない。

「小便」という言葉に、飲んでいたビールが不味く感じた。

それでも……。
釣り合わないと思ったイケメンが、向こうから誘ってきてくれたのだ。

こんなイケメンと触れ合えるのもきっと最初で最後だろう。

ここは誘いに乗るのが男っていうものであろう。

居酒屋の勘定は、当然年上の俺が払おうと思ったが、彼は頑なに割り勘を主張した。そんなところは好感度大。

勘定を済ませる前に、「ちょっとトイレ」と言ったところ、「ダメ!もったいないじゃないですか!」と言われた。

「我慢して。後で俺に掛けてください」

ラブホへ直行した。

週末の夜だったが、男同士で入れる数少ないホテルには幸い空室があった。

「トイレ、我慢できないんだけど」

そう言うと、彼は服を脱いで全裸になった。

意外と筋肉質で、美味しそうな身体だった。

あそこはすでに勃起していた。

俺も股間が熱くなるのを感じる。

全裸の彼が、風呂場から俺を手招きした。

俺も服を脱いで、ラブホらしいだだっ広い風呂場へ入る。

ニキビ一つない透きとおるような肌。厚ぼったい唇。

彼は、風呂場に正座して、口をポカンと開けていた。

芸術品のような顔立ちだが、馬鹿みたいに口を開けていて、間が抜けて見えた。

「本当にいいのかな?」

ちょっと躊躇ったが、硬くなった屹立を彼の口に照準を合わせる。

そして、彼の口を目がけて放尿した。

ビールを何杯も飲んだ後なので、相当の量が出た。

彼は、口でそれを受け止め、時折ゴクリと喉に流し込んでいた。

「あぁ。美味しいです」

恍惚の表情に見えた。

「あのぅ……」

言いにくそうに彼が言った。

「大きい方、今出ませんか?」

何を言ってるのか、一瞬わからなかった。

「大きい方って」

まさか……。

「カツさんのウンコ」

恥ずかしそうに彼が言う。

さすがに、それは乗り気になれない。

しかし、超イケメンのお願いとあっては、無下に断りづらい。

「出ないこともない感じだけど、酒飲んだ後だし、下痢っぽいと思うよ」

そう答えると、彼の表情が明るくなった。

「下痢でも全然大丈夫です。お願いします!」

餓えた狼のように、俺の糞尿を欲しているようだ。

「俺の顔を便器だと思ってください」

俺は、この世で最も美しいのではないかと思える便器に跨った。

仰向けに寝る彼に、彼の下半身を眺める姿勢で俺が上になる。

「本当に大丈夫?」

念のため訊いた。

「はい。お願いします!」

元気な返答に、俺は覚悟を決めた。

力むと、オナラが出た。

そして……。やはり、下痢っぽく緩い便が出る感触があった。

びちゃびちゃと音を立てて、糞便が出た。臭気が鼻につく。

思ったよりも量が出た感触があったが、下を窺う勇気はなかった。

彼は、右手で自分のペニスを扱いていた。

顔は糞便にまみれているはずである。

俺も、彼の上に跨ったままの姿勢で、オナニーをした。

ほとんど同時に果てた。

互いのザーメンが、彼の腹の上に飛んで混ざり合った。

立ち上がって、初めて彼の顔を確認した。

固型と液体状の茶色いものが、美しい顔を汚していた。

それから、メールやり取りする関係は続き、何度か会った。

会うたび、同じことを要求された。

彼曰く、「こういうことじゃないと興奮しない」そうである。

俺は、口だけで呼吸をしながら彼とのセックスを楽しんでいる。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:フェチ・特殊性癖の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。