Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】短髪イカニモ兄貴の太竿でケツ穴壊れるまで生交尾

【ゲイ】短髪イカニモ兄貴の太竿でケツ穴壊れるまで生交尾

短髪&ヒゲの兄貴

栃木県在住の男性からの投稿。見るからにといった外見のセフレと定期的に会っている投稿者。いつもヤリ部屋でサクっと犯してくれるタチ兄貴の様子が明らかにいつもと違っている。珍しく気合満々でラブホに連れていかれる・・・・・

タチ兄貴のガン掘り

 

たまに会って、生の肉棒で掘ってくれるイカニモなタチ兄貴。

 

俺はどっちかって言うと、茶髪の今風っぽいスジ筋。

 

なんでこんなイケてる兄貴が、俺なんかの相手をしてくれるのかわかんねーけど、結構気に入ってもらってる。

 

いつもは某ヤリ部屋に2人で入って、個室で犯されるんだけど、今回は待ち合わせた場所で車でピックアップされた。

 

「場所変えるんかな?」と思ってたら、そのまま近くのラブホへ。

 

「今日は、ラブホなの?」と聞くと「たまにはじっくり犯りてぇからよ」と言われて、嬉しい反面、ちょっとビビる。

 

中に入って少し世間話しながら一服した後、一変した態度でシャワー浴びて来いと言われる。スイッチ入ってる兄貴。

 

俺の後に兄貴が入れ替わり、2人とも済ませた後、「じゃあ仕込むから、四つん這いになってケツこっち向けろ」

 

言われた通りにすると、「もっと高くケツ上げろ。何チンコ勃ててんだ、もう興奮してんのかよ?」と言われて、恥ずかしくて顔を向けられない。

 

今から始まることを思うと勃起がおさまらない。

 

暫くしてから、「そろそろか」と兄貴が言うと、アイマスクで目隠しされ、両手を枷で繋がれる。

 

そのままベッドに押し倒されて、そこから兄貴の執拗な愛撫が始まる。

 

キスしてきたかと思うと、舌が俺の口に乱暴に侵入してきた。

 

耳も穴もベロベロにされ、目隠しの暗闇のせいで異常に感じてしまう。

 

そのまま首筋に舌をなぞらせて、両方の乳首をこれでもかとばかりに攻めてきた。

 

段々意識がボーっとしてきた。

 

手と舌で散々俺の体を弄んだ後、いよいよケツ攻めに入る。

 

ケツを嬲る指が2本、3本と増えてきて、「マジでぐちょぐちょじゃねえか。ホントにスケベな穴してんな」と言葉で責められる頃は、もうほとんど意識が飛びかけてた。

 

それから俺の顔に跨って、ズルムケの巨根を口に無理ねじ込んできた。

 

「オラ、がんばってしゃぶれよ、今からコレにガンガン犯られんだぞ?」と言われながら、俺も必死にむしゃぶりつく。

 

何とかオチないように耐えようとしてる頃に、俺の両足首を持って高く上げ、股を開いた兄貴は、生の太竿を穴に宛がって、メリメリと侵入させてきた。

 

「!!!!!!!」

 

俺は声も出せずに口だけ開いて、挿入されるのに耐えていた。

 

根元までズッポリ収まった時に、目を塞いでたアイマスクがやっと外された。兄貴は無表情でジッと俺の目を見据えてる。

 

そして、ゆっくりとストロークさせて、穴を馴染ませる。

 

俺はその度に息を漏らしてた。

 

俺の頭を抱え込んでディープキスをしながら、兄貴はネチっこく腰を振ってくる。

 

そこからは、もう俺の意識はほぼ飛んでて、はっきりと記憶がない。

 

断片的に覚えてるのは、凄い形相で、そのガタイを容赦なくぶつけてくる兄貴。

 

「あー、あー」と声を上げながら、熱くなったケツで、ひたすらその攻めを受ける自分。何時間も掘られ続けてる感覚。

 

掘られてる途中、何度も怖いと思いながらも、ほぼ意識のない人形状態の俺を、それでもお構いなしに兄貴は犯し続けた。

 

ハッと気が付くと、兄貴は隣で気持ちよさそうに寝息を立ててた。

 

俺はベトベトに緩んだケツに気づいて、風呂場に行って、暫く頭からシャワーを浴びながらボーッとしてた。体がズタボロになるくらいの交尾。

 

いつか本当に壊されてしまうかも知れない……

 

それでも俺は、またケツの疼く頃に、兄貴に「いつ暇ですか?」と連絡を入れる。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索