ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ノンケの俺が電車内で痴漢をイかせた話

【ゲイ】ノンケの俺が電車内で痴漢をイかせた話

ノンケだけど…

東京都在住のノンケ男子学生さんからの投稿。電車通学している投稿者は、ある日を境に毎回同じ男性から痴漢されるようになる。日増しにエスカレートしていく痴漢に投稿者は・・・・・・
痴漢されるノンケ学生
つい最近まで通学で利用していた電車内で痴漢にあっていました。

最初は手を触るだけのソフトな感じだったのですが、次第に太ももへ。

それが毎日のように続き、手や太ももを触られている時は別に何も思わなかったのですが、ある日ついにズボンの上からチンコを触り出したのです。

男なのに痴漢にあっていると言うことの恥ずかしさと、痴漢されている恐怖とで何も言えないし出来なくて…

そして、痴漢に触られて勃起してしまったんです。こんな事は初めてでした。

身体が少しづつ痴漢を許容しているというか何というか、そんな自分が怖かったんです。

これが毎日続いたのです。

初めは勃起しても手を添えるだけだったのですが、ある日ズボンの上から勃起したチンコの亀頭部分を親指と人差し指で摘んだり撫でたりして来たのです。

その行為が気持ち良くてついにはその痴漢の指でとうとうイカされてしまったのです。電車の中ですよ…。

パンツとズボンは精液で濡れて、情けなくて泣きそうになりました。

でも、次の日からも痴漢は摘んで来ました。

なるべくイカないように我慢するのですが、やはり何度か出してしまったのです。

普通ならば一回こんなことがあったのだから、時間を変えるなりすればいいと思ったりもしたのですが、あの気持ち良さには勝てませんでした。

そんなある日、手の甲に痴漢が自分の股間を押しつけて来るようになったのです。

最初のうち無視していたのですが、その痴漢がどんなチンコなのか触ってみたくなりついに触ってしまったのです。

それからと言うものは、バックを股間の辺りに持って来て触ってるのがばれないようしたり、電車が遅れてすごい混んだ時は、いつもはイカされていたのですがそのときだけは私がその痴漢をイカせたり。

しかも痴漢はズボンの上からでなく、ファスナーから出して毎回触らせてたのです。

痴漢が私のチンコを触り私がチンコをピクッと動かすと物凄い勢いで手を亀頭から竿の部分へ移動させズボンの上から擦って来ます。

私も痴漢のチンコを指で輪を作って扱きます。

夏には私の半袖の腕の隙間から脇を触り、乳首を触るため奥えと進みますが場所が良く分からないのかなかなかたどり着きません。

そこで私が乳首の場所を教えるために乳首を掻くと、指が乳首へと伸び、そして摘み始めます。その間も私は痴漢のチンコを扱き続けてます。

この頃になるとこの痴漢に会うのが楽しみになっていて、痴漢が乗って来たのがわかると興奮してしまいました。

自分でオナニーする時ようにアナルバイブを購入すらしていました。

この話はまた別の機会にでも。

話を戻して、そんな痴漢との行為もちょっとしたことで終わってしまったのです。

いつもの電車内の位置に人がいる日が続き、いつの間にかその痴漢はいなくなっていたのです、、、

それから一度も見かけていません。一度、電車の外で会ってみたかったなぁ。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    俺のチンコなめて

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。