Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 巨根 » 【ゲイ】絶倫親父のデカマラで掻き回され続けた結果・・・・

【ゲイ】絶倫親父のデカマラで掻き回され続けた結果・・・・

デカマラ生交尾

三重県在住のバリウケ会社員さんからの投稿。ケツが疼いたある日、掲示板を覗いていた投稿者はタイプのガチムチデカマラ親父の書き込みを見つけ早速メールする事に・・・・・・
ゴックンフェチのスジ筋
スケベな体したデカマラ親父に種汁便所にされちゃいました。

俺はナマ種交尾大好きなパイパンスジ筋オメコ野郎です。

オメコが疼いて仕方ないので出会い系で種馬親父を探してたらガチムチのデカマラ親父を発見。

メールしたらいきなりパイパンにしてるデカマラ画像が送られてきて、それを見た瞬間にオメコが疼いてたまらなくなり、「デカマラでたっぷりオメコ掻き回して種付けてください」とメールした。

「お前のオメコ画像送れよ、それ見てからだな」とSっ気のある強気な返信来たから、種付けされて種垂らした時の自慢のオメコ画像送ってやった。

すぐに「お前変態やな。デカマラでたっぷり種付けしてやるから来いよ」と返信来て、教えてもらった部屋に行った。

部屋に着きドアが開くと、すでにマッパになった親父がデカマラギンギンにさせて先走りダラダラ垂らしながらニヤケていた。

「お前も服脱いでデカマラしゃぶりつけよ」と言いながら扱き、ビクンビクン動かしてるデカマラ親父を見て、オメコ疼いてしまい、急いでマッパになりひざまづきデカマラ扱きながらズルズル〜〜って音立てながらしゃぶりまくった。

「スケベな顔してるなぁ、俺のチンポ旨いか?もっとスケベにしゃぶれよ」と言いながら頭を掴みイヤラシク腰を振る親父。

俺はオメコに指4本突っ込んで掻き回しながらデカマラにむしゃぶりつく。

オメコが汁でグチョグチョ、口の中は親父の先走りでいっぱいになりデカマラを味わった。

30分ほどしてベッドに連れて行かれ四つん這いにされて、いよいよデカマラで掻き回してくれるかと思ったら「たっぷりしゃぶってくれたからお返しにオメコ舐めてやるよ」といきなり吸い付かれた。

予想外の展開に驚いたけど、かなり気持ち良くてヨガリ泣きながらケツ振りまくり。

親父はひたすらオメコに指を入れたり舌を差し込んだりして執拗に攻めてきた。

「オメコ汁塗れでガバトロだな」変態な言葉責めされて俺は軽くイッしまった。

我慢出来なくなり「早くデカマラぶち込まれて種付けされたいよぉ」と言ってしまった。

「分かってるよ、そろそろぶち込んでやるよ」と言い、一気に根元までぶち込まれた。

デカくて硬くて熱い、、スゲェ……焦らされた分の快感が一気に押し寄せる。

親父はスゲェ勢いでガンガン掘り込んでくるから気持ち良い。

しばらくしたらトコロテンしてしまった俺の種を親父は指で拭い取り、自分のデカマラに塗り付けては俺の中にぶち込んできた。

自分の汁と親父の汁が混ざり合いヌルヌルグチョグチョになる俺のオメコ。

体位を正常位に変えベロチューしながらイヤラシク腰をくねらせる親父。

「お前のオメコの味たまんねぇ。旨いだろ?」と言いながら唾を俺の口に流し込む。

「旨いよ、旨いよ、たまんねぇよ」俺はゴクゴク音立て飲み干した。

「本当にドスケベだな」親父はニヤケながら更に腰を激しく振り続けた。

親父は「そろそろ種付けしたる、俺のガキ孕めよ」と言い、「いっぱい奥に種付けてっ!!!」と俺はヨガリながら叫んだ。

「おーっイクッイクぞっ!!!」 オメコの奥にドクドクッと熱い種が何度も注ぎ込まれ、親父はピクピクしながら俺のオメコに種を擦りつけた。

「ほんまにスケベな肉穴やな何度でも種付けたくなるなぁ」

親父のデカマラは全然萎えず、俺の中でビクンビクン動いていた。

「2発目いくぜっオラッ」また激しく腰を振り始めた。

種がオイル代わりになりズルズルで超気持ち良い。

親父は今度は無茶苦茶に掻き回しまくり、オメコはビラビラになり種がトローリ垂れ流し、「もっと種欲しい、イヤラしく種オメコ掻き回してぇ」と言い、またトコロテンしてしまった俺。

頭ん中は真っ白になり、種付けされるたびに同時にトコロテンしてしまってた。

しまいには白目剥いて意識を失ってしまったみたい…。

それでも親父はひたすらガン掘りでオメコに種付けてたらしい。

結局、6発種付けられオメコはビラビラが飛び出してガバガバに開ききって種が泡立ってた。

意識が戻ったら目の前に種塗れのデカマラがビクンビクンしてたので、しゃぶりついてガバトロオメコに5本指突っ込んで更に穴をガバガバに掻き回した。

シーツにはスゲェ染みが広がり種の匂いが充満してた。

「また、オメコしまくろうな」親父が耳元で囁いた。 俺は親父にハマリそうだ。

だけど帰りはシャワー浴びずにヤリ部屋に直行。

移動中、オメコから種がズルズル漏れてローライズがグチョグチョに…

着くなりマッパでミックスで寝待ち。

種マンなのはバレバレで種馬達は一気にギンマラをぶち込んできた。

代わる代わる種馬達に種付けされ二本挿しされたりフィストされて、俺のオメコはガバガバになり種汁便所にされてしまった。

オメコからブリブリ種を垂らしながら廻され、俺は嬉しい悲鳴をあげながら種付けされまくった。

ナマ交尾最高!デカマラ最高!変態交尾仕込まれた便所はもう止められない!



 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索