ホーム » ノンケ » 【ゲイ】電気作業員さん、お客様の部屋で全裸オナニーしてしまう

【ゲイ】電気作業員さん、お客様の部屋で全裸オナニーしてしまう

勤務中の本気オナニー

徳島県在住の専門学生からの投稿。ある日の夜、アパートに電気工事の作業員が来た時のこと。坊主で逞しい身体の作業員にムラムラし始めた投稿者は、作業終わりにお酒を勧めてみることに・・・・・
ノンケのオナニー
かなり前のことだけど、インターネット回線の引き込み工事を業者に依頼したときの話です。

俺は学生なので業者との時間がなかなか折り合わず、追加料金で特別に夜の8時頃に接続のサポートに来てもらうことに。

やって来た業者は俊サンという若くて背が高い坊主の人だった。

見るからにスポーツやってたような引き締まった身体してて超タイプ!

接続をしてるときに俺が「まだ仕事あるんですか?」って聞くと「いや、もう会社も閉まってるんでこのまま帰宅なんですよ」という。

俺は「じゃあ夜に呼んだりして迷惑かけたんでお酒ごちそうしますよ」と言うと「仕事ですから、お気持ちだけで十分ですよ。ありがとうございます。」という。

「それじゃ俺の気が済みませんよwつまみ作りますから接続しといて下さい」とお酒の準備をしていた。

しばらくして・・・・

俊サン「終わりました」

俺「じゃあこっちで飲みましょう」

俊サン「いや、ほんといいですよ」

俺「いや、もう作っちゃったんでw」と無理矢理座らせた。

俊サン「じゃあ、そこまで言っていただけるなら、ありがたく御馳走になります」と一緒に飲みだした。

お酒飲んでホロ酔いになってくると俊サンも、ようやく仕事モードから普通の感じになってきて色々話してくれた。

大学で野球部やってたとか、俺とは2つしか離れてない、割とモテるほうだが現在彼女はいないなど・・・・

話は盛り上がり、下ネタ話になってた。

俺「じゃあお気に入りのAV見せますよ」とAV鑑賞会になったw

作業服脱いでYシャツ姿の俊サンは野球やってますみたいな身体ですごくカッコよかった。

俊サン「コレいいですね、なんか興奮するね」と言うから「溜まってるんですか?」と聞くと「かなりね」と笑ってた。

チンコの位置直してたんで「抜きます?」と言うと「いえいえ、お客様の家でそんなことしたらクビになっちゃいますよw」と言うので「えー、しないと解約しちゃいますよ」と冗談半分に言ってみた。

そしたら困った顔してて、これは押せばやってくれそーだなと。

「やって下さいよー」とノリ良く言ったら「はぁ、じゃあ」とベルトを外した俊サン。

ズボンを脱いだらトランクスはちょっと膨らんでた。

俺「汁ついちゃいますよ、Yシャツもハンガーにかけときますよ」と言って脱がせた。

トランクスとタンクトップ型のシャツ だけでかなり興奮した。

トランクス越しにさすってる俊サンはトランクスがガマン汁で染みになってた。

「もう脱いじゃいましょうよ全部」というと「上もですか」と驚いてたw

シャツとトランクス脱いだ俊サンは想像通りのガッチリ体型で、チンコは亀頭がデカく、時々ビクンビクンと脈打ってる。俊サンはAVを見つめ乳首もさすってた。

「俊サン、自分の身体に飛ばして下さいよ」と頼んだ。

「かなり飛びますよ、どっかに跳ねるかも」と気にしたけど「気にしないで飛ばしちゃって下さい」と俊サンは寝るような体制で本気で扱きはじめた。

俊サンはすぐに「はぁはぁ」と息づかいが荒くなってきた。

「くぅ、イキそ、イキそーです」と身体をビクビク動かせて精子が放出された。

驚くほど大量だった。胸やら首やらいろんなところに飛びちってた。

かなり感じでたのか寝たまま「ハァーハァー」と言ってた。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。