Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » レイプ » 【ゲイ】工事現場の同僚たちに毎晩犯されていたノンケ男・・・・・・・・

【ゲイ】工事現場の同僚たちに毎晩犯されていたノンケ男・・・・・・・・

下半身だけ特別残業

徳島県在住の匿名さんからの投稿。通勤途中、道路工事現場で働く一人の男を見て立ち止まってしまう。そう、他界した父親とそっくりだったのだ。その父親には壮絶な過去があったようで、今回はその話を投稿・・・・・

工事現場の男達
これはある人から訊かされた話だ。親父が酒におぼれた原因でもある。

 

俺が幼かった頃、我が家は貧乏だったので、親父が道路工事の作業員になった。

 

母親は俺が2歳のときに蒸発し、親父・俺・弟の3人で暮らしていた。

 

子供2人を食わせるために重労働を強いられた親父。身体も弱く、体力もない親父にはきつい仕事だったろう。

 

要領の悪い人で、仕事場でもヘマをすることが多かったらしい。

 

いつも親方にきつく叱られ、仲間からも疎ましく見られていた。

 

そんな親父に同情してくれたのが飯炊き小母さん。

 

小母さんは離婚歴があり、子どももいないので孤独な人だった。

 

親父が体調をくずし、作業小屋に取り残され、煎餅布団にくるまっていた。

 

皆がいなくなったとき、親父と小母さんの二人きりになった。

 

突然小母さんが布団に潜り込み、親父に迫ったらしい。

 

独り身の親父が拒否するわけがなかった。

 

女など数年抱いてない親父と、男ひでりの小母さんが、夫婦気取りでしたのは紛れもないアレ。

 

そこへ道具をとりに来た若造、声を呑み一部始終を見ていたようだ。

 

職場の親方に報告が届き、親方の怒りに触れてしまった。

 

親方は親父をなぶりものにする折檻をした。

 

抵抗する気力も失うのを確認し、今度は性的な恥辱を与えた。

 

そう、男たちの夜とぎをさせられたのだ。

 

ホモっ気など微塵もなかった親父が、親方と2人の若造たちに犯されたのだ。

 

どのような行為をさせられたのかは、俺も知らない。

 

ただ、この頃から親父は一層無口になり、酒におぼれていった。

 

毎晩毎晩、3人に後ろを掘られていたのだ。

 

おそらく、仕事で汗だくになった体を、舌とケツで奉仕させられていたんだろう。

 

工事現場の親父と聞いて、忌まわしいそのことを思い出す。



 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    その親父の羽目取りないんかな?見てみたいなー

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング