Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ】男(26)だけど闇金業者の奴隷として陵辱される毎日です・・・・・・・・・

【ゲイ】男(26)だけど闇金業者の奴隷として陵辱される毎日です・・・・・・・・・

借金のカタにされて

洋食店を営む両親を持つ投稿者。幼い頃は景気も良かったせいでお店も繁盛しており、比較的裕福な家庭だったようだがそんな幸せもつかの間。みるみるうちに借金まで背負ってしまい・・・

チンピラの先輩

親が借金で逃亡した。

借金は家や車のローンと、利子や遅延損害金で1,000万円近くにまで膨れ上がったヤミ金だった。

消費者金融や債権回収会社から、滞納処分の督促状や差押執行通達が届き、法的なことに詳しくなかった俺(当時26歳)は、業者の言われるままに貯蓄や家財など所有するすべての財産を、債務整理のために引き渡す誓約書を書かされた。

翌日、査定業者が家具や家電などの家財や、食器や雑貨、クローゼットの服や下着など細かなものまですべてに値札をつけた。

そして、俺の着ていた服もすべて脱ぐように言われたので抵抗すると、「お前には服1枚の所有物もなくなるんだよ。誓約書に署名しただろ?」と誓約書の控えを見せられた。

そこには『◯◯(俺の名前)は、家財や保有するすべての財産を処分し、債務整理に従います。財産には◯◯の身体を含み、すべての自由と権利を失うものとし、借財の担保として△△(ヤミ金の名前)の所有する労働者になります。』と小さな字で書かれていて、声を上げようとした瞬間、いきなり顔と腹を殴られた。

倒れて朦朧としてる間に、数人に押さえつけられ着ていた服を剥ぎ取られた。

Tバックを無理矢理穿かされ、鉄首輪と手足に鉄枷を嵌められると、猿轡を噛まされた。

その夜、転売業者が値札のついた家具やらを物色し、売買の取引きにきた。

気に入っていた服や靴も買い手がつき、俺はリビングでTバック1枚で繋がれたまま取引きをする業者にコーヒー出しをさせられた。

「お買い上げいただきありがとうございます。非常に助かります。」と土下座をさせられる。

土下座をすると、Tバックの紐の食い込んだ尻を上げることになり、屈辱に耐えながら頭を下げた。

「あれ?これも売り物?」と取引中の業者が俺の穿いてるTバックを指差した。

「はい、債務者の所有物はすべて売りに出されているので、着衣がないんですよ。とはいえ、丸裸でお取引様の前に出すわけにいきませんので、こちらで用意したんですが、お気に召しましたなら、いかがですか?」とヤミ金業者が話した。

転売業者は「そりゃ気の毒だねぇ。そのままTバックだけもらっても大した値段がつかないから、全身写真と身分証のコピー、Tバックに生出ししてもらえるなら買い取らせてもらうよ」と買上げを決めた。

俺はその場で業者担当者にTバックを下ろされ、他にも客がいる中でペニスや尻穴を晒して全裸写真を撮られた。

たくさんの視線を浴びながら、ペニスをしごかれる。

やめてくれと叫ぶも、猿轡のせいで声にならず。涎が垂れるだけ。

うーうーと痴呆老人のように呻きながら、Tバックに射精させられた。

俺は猿轡で声が出ないまま、悔しさで泣いた。

床に倒れこむ俺のケツの穴に何かがググっと挿さった。

転売業者が笑いながらボールペンに唾を付け、それを俺のケツ穴に挿入していたのだ。

唇を噛み締めながら耐えるしかなかった。

ほとんどのものに買い手がつき、家や車も転売されることになった。

俺は居場所はおろか下着1枚所有することもできず、ヤミ金業者の所有物として、奴隷労働することになった。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索