ホーム » ノンケ » 【ゲイ】離婚直後のノンケは堕ちやすい説を検証してみた・・・・・・・・

【ゲイ】離婚直後のノンケは堕ちやすい説を検証してみた・・・・・・・・

ノンケ、落城

佐賀県在住のバツイチ会社員さんからの投稿。人生において一度もゲイに興味を示さず、女性と結婚して一流企業に勤めていた投稿者だったが、すれ違いが原因で離婚してしまう。そんな傷心中のノンケ会社員に魔の手が・・・
立ちバックでアナル掘り
私は30過ぎのリーマンですが、離婚してアパートで1人暮らしをしています。

隣の相葉さんとは一人暮らしで男同士のためかすぐに仲良くなり、時には一緒に飲むほどの仲になりました。

元妻にはまだ未練があったので、相葉さんには精神的にとても助けてもらいました。

その相葉さんはいつもダンディな服を着てて年齢も私より少し上です。

ある日「夕飯を一緒に食べないか」と部屋に誘われました。

酒を飲みながら話をしていると相葉さんの違う一面が見えて、その日は少し違う方向に話が飛んでしまい、オナニーはしてるのかとか、別れた奥さんとのセックスでの不満とか、いろいろなエッチな話で盛り上がりました。

その時、私は少し気恥ずかしくて体中がほてっていたのを覚えています。

そして相葉さんが私の横に座ってきて、「男同士の経験はある?」て聞いてきたので、当然私はありませんので「ないですよ」と答えると、突然ズボンの上から私の股間を触り始めたのです。

私は離婚してからはエッチをしてなかったのですが、さすがに男性に触られるのには抵抗があり「あっ、ちょ、ちょっと、そ、そんな」ととまどいつつ抵抗していると、「いいから、力を抜いて俺に任せなさい」と言ってキスをしてきました。

そして私をソファに押し倒し「もう、勃起してるよ。身体は正直なんだ。もしかして溜まってる?」と言いながら私のズボンとパンツを脱がし、チンポに吸い付いてきました。

「えっ⁉︎あっ、あっ、やめてください…」

そしてもう片方の手は後ろに廻し、お尻の穴をいじり始めました。

「ああっ・・、あ~」

私は理性がおかしくなり、すでに抵抗する力が入らず相葉さんの舌の動き、肛門をいじる指の動きが気持ちよ過ぎて、すべてをまかせることにしたのです。

「気持ちいいだろ、でもまだイっちゃだめだよ、我慢しなさい」と言ってくるので、私もイクのを我慢してました。

でも、こらえきれず体が反り返り、そのまま相葉さんの口に中でイってしまいました。

まだ余韻が残っていて、ぐったりしてしていると相葉さんは服を脱ぎました。

筋肉質で引き締まった体でしたが、下着は妙なものを履いていました。

そうです。六尺褌です。

相葉さんは私の服を全部脱がせ、全裸にすると四つん這いにして乳首を愛撫しながら、また肛門に指を入れてきました。

そしてオイルを塗り込めると十分に緩んでいるのを確認して、チンポを私の肛門に入れてきました。

そして相葉さんがゆっくりと腰を振り、しだいに激しく動かし「あ~、気持ちいい~、あ~っ、あ~っ、よく締まるケツマンコだ。最高~」と掘り続けます。

そして、そのまま私のお尻の中でイってしまったのです。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。