ホーム » SM調教 » 【ゲイ】M男を拉致監禁して飼育しています・・・・・・・・・・

【ゲイ】M男を拉致監禁して飼育しています・・・・・・・・・・

監禁されたウリ専君

都内在住の会社役員さんからの投稿。極端なサディストで人間を動物のように飼育することに悦びを感じると言う投稿者。掲示板で募集しても、この手の案件は相手が怖気づいてドタキャンするパターンが多いらしい。そこで考え付いたのが・・・
SM調教中の男性
無理やり種壺にするのに興奮するSタチ。

ずっと掲示板などで獲物探してきたが連絡のやり取りが面倒な奴が居たり、実際に来なかったりと色々問題があったので、同好のS友達と相談して面倒なやり取り無く、確実に会えるということでウリに目をつけた。

お互いの趣味もあっていたので都内出張専門の某店のHPで獲物を探し、一人だけプロフィールに多少Mっ気ありと書いてある奴がいたので罠に掛けやすいと思い、早速ケツ無しでと90分のコースで嘘の予約をすることに。

注意事項を見てみると当然ながら生は禁止、客が2人以上での利用も禁止となってたのでどういう反応するのかが楽しみだった。

当日、お互いに道具を持ち込んで部屋に入り友達は風呂場で待機してもらって俺が出迎えた。

画像で思ってたよりも好印象な奴で、ちょい興奮したがそこは抑えて…

店に電話終えて金渡してスタートした。。

一応、Mっ気があることを確認すると少し恥ずかしげに「はい…」と答えたんで早速服脱がせて用意したブリーフを履かせ、後ろから乳首を弄ってやる。

気持ちよさそうに感じてるが友達が待ってるんで早々に罠に掛ける。

乳首弄りながら耳元で「アイマスクして視界を隠すと感度が上がるよ…」と囁きアイマスクを付けさせ耳や首元、乳首を責めたてると息が上がるほど感じてる。

ベッドに転がすと肩で息するほどハァハァしてるから「まだまだこれからだぜ。今日はいろいろなM体験させてやるからそのまま待ってな…」と伝え、友達を呼びに静かにその場を離れた。

友達と一緒に部屋に戻り道具を色々と出してベッドに転がしたBOYの元へ行き床に立たせる。

既にブリーフに染みを作っていたので「なに勝手にスケベな染みつくってんだよ、淫乱BOY」罵倒して苛めたら恥ずかしいのか両手で隠そうとし、手首同士が近づいたのでお互い用意していた口枷と縄で同時に拘束した。

「えっ!ちょっ…!!!」

流石にその状況だと恐怖を感じたのか逃げようとジタバタするのだが大人二人がかりなので逃げられず足も拘束。

拘束が完了したらアイマスクを外してやり状況を理解させる。

時計を見るとまだ18:30を少し過ぎたところ。

「明日の昼までたっぷり苛めて種くれてやるよ…」と伝え、ブリーフ一丁で拘束された姿をカメラで撮影した。

『明日の昼まで』と伝えると口枷越しにもごもごと訴えている。

おそらく90分のはずじゃ…とでも言いたいのだろう。

少しすると反抗的な目で睨み付けながら喚いているんで、黙らすために俺が後ろから口枷を外し髪を掴んで頭を固定して友達が「うるせぇよ、黙れ」と言いながら数発ビンタしする。

髪が短いせいもあって一発毎に顔が揺さぶられるほど容赦のないビンタで頬が若干赤らんで少し目も潤ませていた。

続けて、「またゴチャゴチャと喚いたらお仕置きだからな。」と友達が告げるが返答しなかった為、バチンバチンと左右1発づつ思いっきりビンタして再度告げると、小さな声で「はい…」と言ってたが「聞こえねぇよ。」ともう2発ビンタ。

そんなことを4~5回繰り返していた。

友達もかなり楽しいのか遊んでいるなと思った。

今度は友達が後ろから羽交い絞めにし、俺が前に。

ブリーフを膝まで降ろして「この惨めな包茎に毛は必要か?」と問いただすが「はい」と答えたんで俺も奴をビンタした。

再度問いただすと答えに躊躇してたんでビンタ。

念を押すとようやく「要りません…」と答えたが遅いと言って最後にビンタ。

友達と準備をしてバリカンでチン毛とケツ毛をカットした後、丁寧に剃ってツルツルにし洗い流して恥ずかしい包茎姿と穴丸見えの状態を何枚か撮影。

手足の縄を鎖付きの枷に変え、次の責めの為に餌を与えてやる。

二つの餌皿に緑茶と弁当を分けて無造作に盛り付けつけ四つん這いで食わすが、こいつが包茎だったんで俺が後ろから皮先を掴む。

餌皿に口を届かせるためには少し前に出なきゃならず、皮が引っ張られ伸ばされる状態になるが、それが痛いのか中々前に出ないので友達がラバーパッドでケツをぶっ叩き早く食えと煽る。

動きが止まる度に思いっきり叩くのでみるみるうちに左右のケツタブが赤くなっていく。

用意した緑茶1リットルと弁当二つを無理やり食わせ終わる頃にはケツ全体が少し赤く腫れていた。

こいつの飯が終わったんで今度は俺達が飯の番。

その前に責めてギンギンになったチンポに奉仕してもらった。

二人とも下だけ脱ぐと競パンとビキニの前が先走りで色が変わるほど濡れていた。

ヌメヌメと光る生チンポを交互にしゃぶらせ掃除させつつ喉の調子を見るため奥まで突っ込んでやったら、むせてゲロを吐き出しやがった。

喉は開発の余地があると確認し、種をぶっぱなしたい衝動を抑えつつ出かける準備。

オムツをはかせ亀甲縛りで肉に食い込むほどキツく縄をかけ、逃亡防止の為に貞操帯をはめ、首輪を付けて口には俺達の穿いていた先走り付きのパンツを2枚突っ込んで、ガムテープで固定後マスクをさせハイネックタイプのジャージを着せてチャックを完全に上げて完了。

そのままホテルを出て近くのファミレスで二人だけ注文。

食べ終わる頃に緑茶の利尿作用が効いてきたのかそわそわしだした。

「言っとくけど、トイレは行かせないからな。」と伝えて食事終了後、様子を見つつ連れと話していた。

大分限界に近くなってきたようなので会計済ませて出ると人気のなさそうな道を選んで回り道した。

辺りを見て人がいないのを確認すると、その場で脱ぐように命じた。

露出慣れしてないのか、躊躇したのですかさず二人でビンタ。

「漏らしたくなかったら、脱げよ!」と言って無理やり脱がせた。

ジャージの上をはだけさせ、ズボンも膝まで降ろし、首輪に縄、オムツ姿を撮影して部屋に。

戻って貞操帯を外しオムツを白ブリーフに変え、手足をひとくくりにしM字拘束状態でペットシートを広げた床に座らせ轡も全部外すと勝手に「トイレ行きたいです」としゃべったんでまた友達がビンタ。

その間に俺は三脚出して漏らす様子を撮影。

弁当二つむりやり食わせたのが効いたのかそのまま下痢気味の大まで漏らしやがったんで良い画が撮れた。

流石にそれで懲りたのか以前のような威勢はなくなったんで種壺にするため浣腸責めを何度も繰り返して遊びながらキレイにしてやった。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    これはやりすぎ。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。