ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】学校で先輩の性処理奴隷にされてしまった末路・・・・・・・・・・

【ゲイ体験談】学校で先輩の性処理奴隷にされてしまった末路・・・・・・・・・・

全寮制の男子校で・・・

奈良県在住の会社員さんからの投稿。学生時代、先輩に毎日呼び出されては性処理道具として扱われてきた投稿者。時も経ち、その先輩は卒業していったのだが、順番待ちをしていた上級生が列を成して待ち受けていた・・・
アナルを掘られるイケメンDK
現在既婚ですが、私学で全寮制の男子中学校時代に何度も男性と性的行為を繰り返していました。

ただ俺の意思ではありません。

中1の何も知らないウブな俺(未精通)を、同じ部活の中3の先輩が気に入ってしまい、寮で先輩の部屋に呼び出され、いきなり裸にされてチンコをしゃぶられました。

俺は、何かチンコから出そうになりましたが 口を放してもらえずに、先輩の口に精子を出してしまいました。

殴られる、と思いきや先輩はそれをきれいに飲んでしまいました。

俺の人生初の射精は、二つ上の先輩の口の中だったのです。

それから、ほぼ毎日呼び出されその先輩に口でされていて、噂は広がりましたが上下関係とか縦の繋がりが厳しい頃で、何にも起こりませんでした。

でも、1年が過ぎその先輩が卒業し高等部にいった途端、一つ上の先輩達から おもちゃにされました。。

今までは、しゃぶられる側だけだったのに、しゃぶらされてケツにもチンポを入れられたりしました。

それがまた噂になってしまい、高等部に行った先輩の耳に入り『俺に手を出さないよう』配慮してくれたので、それからは一つ上の先輩達にはやられずに済みました。

俺が高等部にはいった頃には、もう先輩は受験やらなにやらで忙しく、そういう関係は無くなってしまいましたし、先輩命令でされていただけの俺は、高2年になると普通に彼女もできてました。

44才になった今でも、時々あの頃が懐かしくなり、『しゃぶられた』よりも『しゃぶらされた』事の方がより鮮明に思い出してしまい、しゃぶりたくなったりします。

女房が俺のを しゃぶっているのを見て、いいなぁ とか口に入れたら こんな感じだったかな?とか思い出し、いい歳してまたチャンスがあったらしてみたいなんて考えちゃう時があります…。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。