ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】ヤクザの車にボールを当ててしまった末路・・・・・・・

【ゲイ体験談】ヤクザの車にボールを当ててしまった末路・・・・・・・

強面のショタコンさん

広島県在住の会社員さんからの投稿。昔、学生時代にサッカーをやっていた投稿者。家の近くで1人練習をしていると、思わぬ方向にボールが跳んでいってしまい、運悪く怖い大人の車に当ててしまい・・・
犯されたサッカー少年
小学生のとき住んでいた家の近くに、出稼ぎ外国人やヤクザ風の人が多く住んでいる団地があり、両親からは『あの団地には近づかないように』と念を押されていた。

確かに人相の悪い人が多く、子供心に怖い場所だった。

ただ、その団地には大きな壁があり、1人でサッカーの練習をするのにうってつけだった。

両親には内緒で団地に行って練習していたんですが、僕が6年のときに壁に跳ね返ったサッカーボールが強面のおっちゃんの車に当たってしまったんです。

「ガキが・・・」

そして、すぐに首根っこをつかまれ団地の部屋に連れ込まれたのです。

謝ってもだめで、「1万円持ってくるかケツ出せ」といわれました。

お尻を叩かれるくらいならと思い後ろ向きになると、半ズボンとパンツ一気に下ろされました。

5、6発叩かれたあと、前向けといわれチンコを見られてしまいました。

まじまじとチンコ見られ指で摘みながら、「これからは気をつけろよ」優しい声でいいます。

チンコを摘んだまま、学年と名前を聞かれたので素直に答えました。

おっちゃんは、僕の顔をじっと見ながらチンコや玉を撫でたり、揉んだりしてました。

「お尻痛かった?」と聞かれ、「うん」と答えるとお尻を撫でられました。

そして、「いうこと聞けば、すぐに終わるから目をつむっていろ」と言われました。

目を閉じると下半身ににゅるっとした温かい感じがして薄目を開けて見たら、チンコをパクリと咥えられていました。

びっくりして離れようとしたら、お尻をぎゅっと掴まれ、そしてチンコを舐めまわし始めました。

ガマンしてたら、チクッとして痛いと声を出すと口を離してくれました。

チンコ見ると皮が剥かれていたのですが、僕の顔を見ると指で皮を戻し、また舐め始めます。

時々僕の顔を見ては、「気持ちいい?」と聞いてきたが、くすぐったいのか気持ちいいのかよく分からない感じでした。

写真を何枚も撮られ、口止めされやっと開放さました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。