ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】はした金で恥部を晒した結末・・・・・

【ゲイ体験談】はした金で恥部を晒した結末・・・・・

ビデオカメラで撮影されてしまい・・・

山梨県在住のノンケさんからの投稿です。中学生のころ知らない男から『オナニーを動画撮影させてくれたら3千円あげる』と持ちかけられた投稿者。金欠だったためOKしてしまい・・・・・・
白昼の公園で露出
中学二年の時の話。

下校途中に知らない男から声をかけられた。

最初は道をたずねて来たんだけど、いきなり「オナニーをビデオカメラで撮らせてくれたら三千円あげるけど、どう?」と言ってきた。

今から考えるとすぐにでも逃げ去るべきだったのだが、当時の自分にしてみれば三千円は大金だった。

それが手に入るのだという誘惑についつい負けてしまい、男の求めに応じてしまった。

そのまま徒歩で近くの雑木林へと、俺は男に連れ込まれた。

人目のつきにくいその場所で、まずはズボンと下着を脱ぐように言われた。

顔から火がでるほど恥ずかしかったが、もう後には引けず俺は男の前でフルチンになった。

仮性だったんだけど、緊張でチンコがありえないほど縮んでた…

手を頭の後ろで組んでジッとしているように言われ、男はビデオカメラで俺のチンコを撮影した。

数分くらい、ひたすらカメラがチンコに向けられ続けた。

その間、恥ずかしいというよりも惨めな気分で一杯になったのだが、男の気が済むまで耐えるしかなかった。

次に、男は四つん這いになるよう言ってきた。

それは聞いてなかったので、戸惑っていると、もう1000円プラスすると言うので従った。

四つん這いになった俺の肛門を、また男はじっくりとビデオカメラで撮影してきた。

ここまでくると、もうどうにでもなれというヤケクソな思いで、金を貰うため男に付き合い続けるしかなかった。

そしていよいよ、オナニーをするよう男が言ってきた。

覚悟していた事とはいえ、すでにもう精神的にヘトヘトになっていた俺は、とてもカメラの前でそんな事が出来る気分ではなかった。

すると男は、俺にエロ本を手渡してきた。女性のヌードグラビアだった。

当時は友達からエロ漫画を借りる程度しかオカズのなかった俺は、リアルな女性の裸が写されたその雑誌に、すっかり心奪われてしまった。

結果的に、男の目論見通りになってしまった。

俺はそのヌード写真を目にするや、触る前からどんどんチンコが硬く大きくなった。

俺は雑誌に釘付けになりながら、オナニーを始めた。

カメラがその一部始終をしっかり撮影していたのだが、もうそんなのはどうでもよくなっていた。

裸の写真にすっかり興奮して、俺は無我夢中でギンギンに勃起したチンコを扱いた。

結局そのまま、俺は雑誌へ向けて勢いよく射精した。

約束通り、俺のオナニーを無事撮り終えた男は、それ以上無茶な要求をする事もなく、金を渡して解放してくれた。

絶対にこの事は誰にも話すなと強く念を押されたが、誰にもこんな事を言える訳がなかった。

男とはその後、出会わなかった。

むしろあれだけで済んだのは、不幸中の幸いだったのかもしれない。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。