ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ】野外で糞遊びした熟年3人組の話

【ゲイ】野外で糞遊びした熟年3人組の話

糞まみれ最高

岡山県在住の熟年さんからの投稿です。ある夏の日、人目がつかない川の土手に熟年3人が集まった。まずは酒盛りからのイチジク浣腸。我慢しながらのアナル舐めで放出される大量の糞。そして顔中糞まみれで3Pする変態熟年たちの結末・・・・・
連結アナルファック
今年の8月15日にいつもの浮浪者のおっさん(60歳)とメールくれた汚れ好きの土方のにいちゃん(45歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。

明日が休みなんでコンビニで酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、そこでキャンプ用のランプつけて酒盛り開始。

しこたま酒を飲んで結構酔っ払ってからやりはじめたんや。

当日は裸でちょうどいい気温やった。

さっそく3人でチンポ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。

しばらくしたら、ケツの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。

浮浪者のおっさんにケツの穴をなめさせながら、兄ちゃんのケツの穴を舐めてたら、先に我慢の限界を迎えた兄ちゃんが「出る出る出る出る!」と、わしの口に糞をドバーっとぶっ放して来た。

それを合図におっさんもわしも糞を一気に放出したんや。

もう顔中、糞まみれや。

普段味わえない開放感で盛り上がって3人で出した糞を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、糞まみれのチンポを舐めあって小便で浣腸したりした。

ああ~~たまらねえぜ。

しばらくやりまくってから又浣腸をしあうと、もう気が狂う程気持ちええんじゃ。

浮浪者のおっさんのケツの穴にわしのチンポをずるっとツッ込んでやるとケツの穴が糞と小便でずるずるして、すんごく気持ちが良い。

にいちゃんもおっさんの口にちんぽ突っ込んで腰をつかって居る。

そして、糞まみれのおっさんのチンポを掻きながら、思い切り射精したんや。

それからは、もうめちゃくちゃにおっさんと兄ちゃんの糞チンポを舐めあい、糞を塗りあい、二回も男汁を出した。

もう一度やりたいぜ。

やはり大勢で糞まみれになると最高やで。

こんな、変態親父と糞あそびしないか。

ああ~~早く糞まみれになろうぜ。

岡山の県北で会える奴なら最高や。

わしは163*90*53、おっさん165*75*60や。

糞まみれでやりたいやつ、至急、メールくれや。

土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    タイトルで察したが案の定で草

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。