ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】僕の身体目当ての上司に不信感を抱いています・・・・・・

【ゲイ体験談】僕の身体目当ての上司に不信感を抱いています・・・・・・

課長からのプレゼント

千葉県在住の会社員さんからの投稿。投稿者が入社した会社は完全成果主義。現在、同じチームで働いている課長は若干35歳のやり手だった。課長は投稿者の仕事のフォローもしてくれ、憧れの存在として慕っていたが・・・・・・
身体目当ての上司

 

僕はある企業で働いています。

二年目で、結構仕事にも慣れてきました。

 

僕のチームの課長(T)は実力派の30歳、頼りがいのある人でした。
仕事上、体力維持が大切なので社内のトレーニング室で週1くらいで筋トレをしています。仕事ができてスーツが似合う男性に憧れてるのでw

いつものように筋トレをして、着替えようとしているとTが更衣室に入ってきました。

 

普通にあいさつをして着替えていましたが視線を感じるような気がして、
でもTを見ると誤解されるかと思ってその場を離れようとしたとき、急に近づいてきて手首をつかまれました。

 

びっくりして顔をあげると、

 

Tは「筋トレ頑張ってるな、どれくらい力がついたか見てやる」と言うのです。

 

そのまま乱暴に長椅子に体を投げ出され、体勢が直らないうちにキスされました。
当然ながら自分がゲイだということは言ってないので抵抗しましたが、耳のウラにキスをされた瞬間に力が抜けてしまいました。

 

「体力ないなあ。まだまだ鍛えないとな。今から俺が指導してやる」

 

Tはおもしろがるようにそう言いました。

 

「からかうのはやめてください」

 

僕はズボンのチャックに手をかけているTに言いました。

 

「だったら抵抗してみろ」

 

Tは冷たく答えると僕を倒し、左手で僕の腕を押さえ、
右手でチャックを下ろしました。抵抗したといっても自分はゲイなので、モノはもう半立ちしていました。

 

Tは「なんで勃起してるのかな、もしかして・・・」

 

と言いながら下着の上から揉んできます。

その頃から僕は力を抜き、もう抵抗するのはやめました。
チームワークが大切な仕事なので課長との仕事の関係まで崩すのもいやでした。とはいいながらも少しづつ気持ちよくなってきました。
それを確かめると、Tはさっきよりも優しくキスをしてきました。

そしてねっとり舌を入れられて、絡めてきました。
よだれがたれてきたので慌てて拭こうとしたら、

 

Tが「そのままにしろ」と言って上の服を脱がし始めました。

 

「でも汚いよ」と答えると

 

「これからもっと汚くしてやる」と言われました。

 

僕が裸になったのを見ると、TはTのモノを舐めるように言いました。
僕は言われたとおりに舐め始めました。

もう、自分がゲイである事を隠すことなく、課長が気持ちよくなってもらうために集中しました。
ピチャクチュと音を立てて舐めているとTのモノが口の中で大きくなっていくのがわかりました。
Tのは大きめで、長さは普通ですが太さがあるというかんじです。

こんなのが自分の中に入ってくるのかと想像すると感じてきました。
たまらず、自分のをシコシコしながらTのモノにむしゃぶりついていると、
Tもハアハアと言いながら一段と感じてきました。

 

「もうだめだっ!」

 

Tはそう叫ぶと僕の口の中にドピュドピュっと放出しました。
すごい量だったので我慢できずモノを口から出してしまいました。
そのときにまだ出し途中だったものが僕の顔や胸に飛び散りました。

Tはそれを見て満足したようでした。

 

でもすぐに、

 

「次はお前だ」

 

と言いながら僕を長椅子に倒すと、
アナルにジェルのようなものを塗ってきました。

 

「もうヒクヒクしてるなあ。」

 

そう言いながら指を入れてきます。
僕は恥ずかしくてしゃべれませんでした。
僕のハアハアという息づかいとクチュクチュというアナルの音だけが響いていました。

 

しばらくすると、アナルにさっきまでとは違う太さのものが当たっているのをかんじました。
上半身を起こして見ると、Tの大きくなったモノがあたっていました。

 

「入れるからな」

 

短く告げるとゆっくりとTのモノが入ってきました。
慣らしたといってもあまりの太さで、

 

「痛い!裂ける!」

 

と叫んでしまいました。
それでも「力を入れるな」と言いながらTは入れてきます。

結局根元まで入れて、乳首や首すじを舐めながら腰を前後に動き始めました。はじめは痛かったけど、だんだん気持ちよくなってきました。

 

「気持ち良いか?」Tは聞きました。

 

「ん、きもち、良いです・・・」

 

するとTは急に激しく突いてきました。
痛いのか気持ち良いのか分からないまま涙が出てきました。

突かれるたびに「や、いや」と反射のように声がでました。
Tは僕におおいかぶさり、ぎゅっと抱きしめました。

 

そして「好きだ、リク(僕です)のなかは気持ちいいよ」

 

と言いながら激しく突きます。
泣きながらも気持ちよさが出てきて、

 

「イきそうです」

 

と思わず言ってしまいました。Tはキスをして、

 

「俺もだ」

 

と答えました。根元まで押し付けてきて、クチュクチュと音が響いていました。僕はもう我慢できませんでした。

 

「課長!気持ちいい!あっ!イク!」

 

僕のモノから精液がドピュっと出てきました。
自分のお腹やTの胸に飛んだ精液を見ていると、恥ずかしくなってきてシャワー室に行こうとしましたが、Tがきれいに舐めてくれました。
それから二人でシャワーを浴びてその日は終わりました。

更衣室だけでの関係が3ヶ月くらい続いたと思います。
僕はTのことを「好き」とは言いませんでした(名前も呼ばなかったです)。
職場では普通に接していたし、休みの日にあうこともなかったから・・・。

 

「どうせ体だけが目当てなんだろうな」

 

ぐらいなかんじで。
セックスの途中や終わってからTが「好きだよ」とか言ってくれたりしたけど、信用できませんでした。

その日も同じようにセックスをして、更衣室を出ようとしたとき、Tから袋を渡されました。

 

「何これ?」

 

「いいから開けてみて」

 

そう言われて開けてみると、
中にはリングを通したネックレスが入っていました。

 

「俺はリクを愛してる。お前は信じていないだろうけど、これが証拠だ」

 

みたいなことを言われました。

 

「僕のことわかってくれてたんだ。本当に体だけじゃないの?」

 

と聞くと、

 

「俺は真面目にリクの事を考えてる」

 

と言ってくれました。
今は順調です(といってもまだ数週間・・・)。
証拠というかアカシがないと相手を好きになれないですが、でもそれくらいないと今でも不安になります



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索