ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】チビデブおじ様に調教され癖になりそうです・・・・・・

【ゲイ体験談】チビデブおじ様に調教され癖になりそうです・・・・・・

チビデブおじ様に調教され

 

掲示板で、知り合ったおじ様に、調教されました。

 

掲示板で、完全セーフなら何でもしますって書き込みに返信してきたのは、おじ様でした。

 

最寄り駅で待ち合わせにきたのは、チビデブな醜い方で興奮してきました。完全セーフの確認をすると、おじ様のミニバンに乗りました。

 

とりあえず、大型スーパーの屋上駐車場にきました。

端のあまり人がこない所に止めると、車を降りるように指示され
おじ様も大きな鞄を持って、降りてきました。

車の影に立つと、

 

『とりあえず、全裸なって』

 

言われたが、露出が始めてなので脱げずにいると、
いきなり おじ様に股間を捕まれ、

 

『虐められたいんやろ?もうたってるやん』

 

そうです。車に乗った時から、期待と興奮で勃起しっぱなしでした。
とりあえず、上から脱ぎ始めました。
脱いだ服は、おじ様が受取り鞄にしまっていきました。

寒さに震えながら最後のパンツを脱ぐと、新品のスエットを渡され、
ノーパンで履くと、チンコとアナルが露出する様にハサミで穴をあけはじめました。

 

そして、膝下まである丈の長いコートを着ました。

寒さで縮こまった粗チンを、おじ様が弄りました。
しかし、優しく触るので中々たたず

 

『どうされたい?』

 

『激しくして欲しいです。軽くならチンコ叩かれたいです。』

 

『叩かれたいなんて、変態やな(笑)じゃぁ、手錠したら叩いたるよ』

 

言われて、後ろ手に手錠されちゃいました。

チンコをスパンキングされて、アナルも同時に弄られ、フル勃起しました。
さらに、アナルにローターを入れられ、目隠しまでされました。

 

『じゃぁ、移動しよか』

 

コート羽織った以外は、目隠し、後ろ手錠、ローター入りのまま後部座席に乗せられました。

 

運転し始めたので、どこにいくのか聞いても教えてくれません。
不安なまま、一時間走ると止まりました。

 

後部座席から降ろされ、車の横に立たされました。
周りでは、車の走る音しかしてませんでした。
アナルを弄られ、声が出すと

 

『うるさいなあ』

 

口にガムテープを貼られました

いきなり、アナルにチンコを突っ込まれました。
いきなりだったので、痛かったんですが、お構い無しに腰を振ってきました。

 

俺は、気持ちよくないまま終わりました。

しかし、次のチンコが入ってきました。
ビックリして暴れたら、抑えつけられ耳元で

 

『暴れたら、生でするよ』

 

『全員セーフやから、暴れるなよ』

 

おじ様の声と、もう一人声がしました。
パニックなまま、二人目が終わったみたいです。

 

また、違うチンポが入って来ました。
一番小さいみたいで、アナルは楽でした。しかし、

 

『締まりが悪いなぁ』

 

言われて、ケツを叩き始め
違う手が、チンコを叩きました。
必死にアナルを、締めました。

 

『それで、ええねん』

 

三人目は、長かったです。
しかし、気持ち良かっです。

 

やっと終わると、また車に乗せられました。

また、暫く走ると止まりました。

 

降りると、どこか入ってきました。

マットレスにうつ伏せに寝かされました。
手錠は外さ、別の物に両手が繋がれ、足も何かに繋がれていました。
誰かが、入ってきて、おじ様と何か喋ると、アナルを犯して来ました。

チンコは、別の人に寸止めを繰り返えされました。

 

その後は、数えれない位、犯されました。
たくさんの人がいたのか、同じ人に何回もされたのかもわかりませんでした。

 

最後まで、俺は一度も逝かしてもらえませんでした。
最後の方は、感覚もなくなってきました。

アナルを犯し終わった後は、アナルに何かを詰められました。
そして、仰向けに拘束され直され、チンコにデンマをあてられました。

 

『もう終わりやで、最後にいきたいか?』

 

反応出来ずにいると、
チンコを思いっきり握られ

 

『いきたいよな?』

 

いわれ、何回も頷きました。

 

『いきたいなら、今から言う事を、そのまま言え』

 

無我夢中で頷くと、口のテープ外して貰えました。

そして、

 

『私は、アナルをまわされて興奮する変態Mです。今日も、皆様に犯されて嬉しかったです。』

 

と、何度も言い直しながら言いました。
そして、大声を出しながら逝かして貰えました。

イッタ後に、

 

『見てたら、興奮してきた。もう一発やるわぁ』

 

と、またアナルを犯されてしまいました。
イッタばっかりなので、敏感で訳が分からなくなっていました。
そして、気絶したみたいでした。

 

気付いたら、車に乗せられ最初のスーパーにいました。

おじ様が

 

『やっと起きたか。さっさと服きてでてけ。』

 

拘束は解かれていて、服が置いてあったので、急いで来ました。

 

『全部セーフやから、安心しろよ』

 

『今回のは、全部動画で取ってるから。もし警察いったら、ネット流すからな』

 

そんな事を言ってましたが、俺は頷くだけで、さっさと服をきました。
そして、出て行きました。

 

身体中が痛かったし、家まで帰り、シャワーを浴びました。
そして、一人何回もオナニーしました。

 

暫く常に、アナルは痛かったですが、痛みがひいてくると、またされたくなってきました。

 

しかし、おじ様とは連絡とれなくて残念です
見てたら、連絡待ってます。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索