Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 巨根 » 僕のデカマラはトイレットペーパーの芯が全く通りませんwwwwwww

僕のデカマラはトイレットペーパーの芯が全く通りませんwwwwwww

太さ500円玉以上

東京都在住の大学生からの投稿。都内の有料発展場に行った投稿者。何とその日はまさかのデカマラDAY。デカマラ基準を満たせば巨根割引きで入場できるらしく、恥じらいながら店員に股間を確認してもらった投稿者は・・・・・・

デカマラ

ちょっと昔の話だけど、今はなき都内の某有料系ハッテン場へ行った時のこと。

受付で「今日はデカマラDAYです」と言われた。

「お客様のを見せていただいて、デカマラでしたら500円でご入場できますが」

噂には聞いたことがあったが、まさか今日がその日とは夢にも思っていなかった。まだウブだった俺は「デカマラ」なんて言葉を発する店員さんに赤面しそうだった。ウブだけど、実はあそこのサイズには少々自信があった。
わざわざ店員さんに見せるのは恥ずかしかったけど、「じゃあお願いします」と答える。

この日は全裸デー。
俺はロッカーに服を入れ、受付へ戻る。
鍵とタグを取り換えると、「では、すいませんが右の扉からこちらまで来ていただけますか?」と言われた。
店員さんの口調が、適度に愛想よく適度に事務的で、なかなか感じがよかったせいで、俺はすんなり従った。

「おっ」俺の股間を見ての、店員さんの第一声。

「デカイすね〜」

俺が既に勃起していたからか、大きさにビビったのか!?

「両手で握っていただけますか。そう根元からぐっと」

言われるまま、俺は自分の勃起を手のひらで包むように握り、その上にまたもう片方の手で握る。

「はいOKです。両手で握って亀頭がはみ出てたらデカマラっていう基準なんですよ。お客さん、余裕でOKです」

確かに、両手で握ってもなお、勃起は隠れなかった。
曖昧な基準ながら、定規で測られるよりはずっと簡単でわかりやすいかもしれない。

「ちなみに太さは500円玉大以上ってのが最低条件なんですけど、見るからにクリアですね」

まあ、俺のアソコは長さよりも太さが自慢である。

「お帰りの際に差額の1000円を返金します。あと、認定カードを発行しますので、次回からはカードご持参でデカマラDAYは500円でご入場できます」

そう言われると、なんだか誇らしかった。男って馬鹿ですね。

これまで何気にデカマラの自負はあったが、初めて露骨に褒めてもらえたことが、大きな自信になった。

つい最近、ゲイバーでこの話をすると大いに盛り上がった。

「えぇっ。手で二握り以上って、無理無理。無理よぉ。アンタ見せてみなさいよ」

結構何でもあり系の賑やかな店だったので、酔った勢いもあってチンポ見せ合い大会になってしまった。
俺が披露すると、「おぉ。すげぇ」とか「負けたわ。悔しい」なんて嬌声が飛び交う。新人の若い店子が無理矢理脱がされた。

「きゃはははは。一握りで収まるわ。可愛い」

ママに勃起を握られた店子は半泣き状態だった。

「ママの手がでかすぎるんですよ」なんて悔し紛れに言ってたのが可愛かった。

(ちなみにこの測定法、根元までグッと抑えて握るのがポイント。実際の勃起測定でも根元から測るので)

ふと、貴サイトで「トイレットペーパーの芯が通るかどうか」っていう投稿があったことを思い出した。
それを言うと、「ちょっとアンタ、トイレから芯持ってきなさい」とママが言い出し、今度は太さ測定大会。

俺のは、実証済みだったが全く芯が通らない。
若い店子の勃起には余裕で通った。
ママが笑う。「スカスカじゃないのアンタ。あっはっは」

トイレに行って、自分一人でこっそり試してみるお客さんが続出した。
戻ってくる表情で結果は察しがつく(笑)。

店子も客も芯を全く通らないというチンポはいなかったんだと思う。

デカマラだと「すげぇ」とか言われることはあるけど、初心者ネコにはバックで嫌がられることも多く、良いことばかりではない。
けどまあ、小さいよりはいいかなと思うこの頃。



 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索