Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » BL小説/ショタ » 【BL】虐められっ子、セルフフェラで射精するまで帰れま10

【BL】虐められっ子、セルフフェラで射精するまで帰れま10

性的な虐め

学校から帰宅しようと校門を出たところで同級生に取り押さえられる主人公。手を振りほどこうと抵抗するも、敵うはずもなく体育倉庫に引きずり込まれてしまう。そこにはノリユキ、ジロウ、サトルの3人が待ち構えていた・・・・・・
学校での虐め

「いいから脱げよ」

そう言ってジロウは、僕に短パンとパンツを脱ぐよう命令してくる。

逆らうとまたパンチ・・

言いなりになってパンツを降ろす。

「気持ちよくしてあげるよ」

ノリユキがそう言って、握ったペニスをゆっくり擦り始めた。

「やめてくれ」

大声を上げれば、先生が飛んでくるだろう。

こんなところを先生に見られるのは絶対嫌だったから、小さな声でしかしゃべれない。

「そんなこと言ったって、ちんぽは正直だね。ビンビンじゃん」

平気でジロウは卑猥な呼び名を使う。そして、僕の玉を握り揉んでいる。

3人に見られながら、僕はすぐにでも発射しそうな気分になってしまった。擦りあげる手つきは凄く上手で、とても初めてとは思えない。

何人もの男の物を扱いなれてる手つきだ。

恥ずかしい気持ちも刺激的で、絶頂を迎えた。
と思ったら、ノリユキの手が止まる。

「ふふふ。簡単にはイカせない。もう少し遊びましょ」

ノリユキはピクついている僕の勃起を焦らすように、ほんの少しずつ刺激する。

「イキたくてウズウズしてるよ。ほーら、イキたい?」

ジロウが玉を揉みながら言う。

「イ、イカせてくれよ」

僕はノリユキに頼んだ。嫌で堪らないが、どうしようもなかった。

身体が言うことを聞かない。イキたくて堪らなくなったのだ。

「サトル、足持って」

ノリユキがそう言って、僕は頭の方に立ったサトルに両足を持たれて、でんぐり返しの格好に押さえつけられた。

剥き出しの下半身が、ちょうどお尻の穴を真上にした格好で、3人の前に晒される。

「身体柔らかいね。これなら自分のちんぽをフェラできるんじゃないか」

サトルが力を入れて、押さえながら言う。
背骨がいっぱいまで、曲げられて苦しい。

「ホントだ。もう少しでしゃぶれるよww」

「最後は自分でフェラさせてイカせようよwwww」

ノリユキとジロウの言葉で、瞑っていた目を開けると、目の前にまだ勃起している僕のペニスがあった。

「ほら、口を開け。自分で咥えてるところを、俺達に見せてみろ」

自分の勃起を咥えるのは、それほど抵抗がない。
自分のモノだから汚いとは思わない。ただ背中が痛くてきつい。

僕はゆっくり口を開いた。
ジロウの手が伸びて、僕のペニスを握り口の方に導いた。

後2センチくらいだ。でもその2センチは、かなり遠い2センチだ。

「もう少しだ。ノリユキも押さえるの手伝えww」

頭上からサトルが言っている。

ノリユキが体重をかけるようにして、僕の身体を折り曲げる。

「痛い」と叫ぼうとする僕の口に、自分の勃起が侵入してきた。

口の中の異物の感じと、しゃぶられるあそこの快感が同時に起こる。

「やった。しゃぶってる、しゃぶってる。自分で自分のフェラするなんて変態だ」

「ほら、カリに舌を這わせて、自分でイキなよww」

ノリユキが、間近に顔を寄せて観察してるのが見えた。

イキたくて堪らなくなっていた自分の敏感な部分を、僕は苦痛に耐えて舌で刺激した。

ああ、イク。イッてしまう。

絶頂感と口中に発射される生温かい液の味。

快感となんともいえない変な味がミックスされ、僕は気を失いそうだった。



 

カテゴリ:BL小説/ショタの最新記事

カテゴリ:BL小説/鬼畜・レイプ系の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索