ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】取引先の年下君に調教されています・・・・・・・・

【ゲイ体験談】取引先の年下君に調教されています・・・・・・・・

年下に便器扱いされてます

長崎県在住のリーマンさんからの投稿。仕事の関係で知り合った年下男性とセフレ関係にあるらしく、その彼がドSなことから今では主従関係にまで発展しているらしいのだ。その彼にはじめて犯されたのは飲み会のあと・・・
スーツ姿で掘られるリーマン
きっかけは、仕事の飲み会で酩酊状態になってしまった僕…

そんな僕を取引先の年下くんが介抱してくれたことから始まったんです。

取引先との懇親会を終え、三次会まですすんだ飲み会。

僕はアルコール全般が弱いので、かなり酔ってしまい気分も悪くなっていたんです。

三次会まで行くと一人減り二人減り、終わってみれば僕と取引先の年下くんの二人だけになっていたんです。

僕は家に帰れそうにもなかったので、場所が近いということでその彼の部屋に泊めてもらい、朝帰ることにしたんです。

彼の部屋で倒れこむように横たわる僕・・・・

途中気持ち悪く何度かトイレへ・・・・

喉がカラカラでしばらく呻きながら我慢してたんです。

何度目の時だったか、水を欲しがる僕に彼が口移しして水を飲ませてくれたんです!

???って思ったのですが、なんせ具合が悪いのと酔ってるせいで思うように動けず彼のなすがままになっていたんです。

その口移しが意外に気持ちよく、体の力も抜けていくような感じになっていたんです。

夢なのか現実なのか・・・・舌も絡めたり吸われてるような・・・・なんとも言えない気分になっていたんですよ・・・・・。

そこからの記憶がほとんどないんですよ。

目覚めのは、彼が自分のチンポを僕の鼻や口に押し付けてるその違和感で目が覚めたんです。

目覚めた時は、何故か僕は全裸になってて情けないくらいチンポが萎えていたんです。

そして彼は「おはよう、朝から悪いんだけど、しゃぶってくれよ・・・・」ってすごい爽やかな笑顔で言うんですよ。

残ってるお酒で頭が割れるほど痛いし全裸だし・・・・目の前には彼の赤黒いモノがあるし・・・・・パニックになっていたんです。

でも、彼は全然お構いなしなんです。

鼻摘まれて、口が開くと無理矢理に突っ込まれて・・・・・

僕の頭を前後させながら、「あーして」とか「筋のとこ」とか舐め方を色々と指示するんですよ。

頭押さえられてるから、口から離すことも出来ずにいるると「うんうん、いい感じ」とか言って嬉しいそうにしてるんです。

そのうち僕の口の中で射精したんです。

初めてです・・・・精液なんて飲んだのっていうか飲まされたの。

彼、ずっとニヤニヤ、ヘラヘラで・・・・

「俺の玩具、便器に決まりだね」ってそんなこと言うんです。

「あと、3回イかせられたら服返してあげるから、頑張って」言い出す始末なんです。

その日は、フェラ~素股~フェラで三回の御奉仕の後、夜遅い時間に帰えしてもらったんです。

それからです。

その彼と何とも言えない可笑しな関係が始まったんです。

彼の部屋では、彼の用意した服を着て女装じみたマネまでさせらていたんです。

でも、何故なのか・・・・

関係が続けば続くほど、彼への御奉仕が嫌でなくなっている自分がいたんです。

気持ちよさそうにしている顔をみてると、させられてる自分も何故か悦んでいたんですよ。

もっと、いろいろしてあげたい・・・みたいなね

飲みすぎた次の日は、いろいろと思い出しています。

今でも思っています・・・・年下くんから支配されるの悪くないかなって。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。