Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ】野外公園で全裸逆さ吊りのまま放置された結果・・・・・・・

【ゲイ】野外公園で全裸逆さ吊りのまま放置された結果・・・・・・・

孤独な逆さ吊り

奈良県在住の調理員さんからの投稿。ドMな投稿者は、SMバーでS兄貴と運命的な出会いを果たす。投稿者はさっそく念願だった逆さ吊りをお願いしたのだが、向かった先はまさかの公園で・・・・・・

緊縛された男

 

僕は逆さ吊りにされるのが大好きです。

 

中学生の頃、ヤンキーグループに虐められてた時期があったんですけど、逆さまにされて足を鉄棒に縛って放置された事があるんです。

 

その時に頭にどんどん血が溜まっていく感じや、思い通りに動けない束縛感に性的興奮を感じてしまったんです。

 

大人になってからは、ネットを使いご主人様を探す日々。

 

でも、なかなか相性のいいご主人様と出会えないのが悩み。

 

このあいだ、たまに行くSMバーで、幸運にも熟練しているというS兄貴を紹介してもらいました。

 

見た目はあまりタイプではなかったのですが、プレイが良ければ僕はOKです。車に乗せられ、向かったのは公園。

 

僕は逆さ吊りをやって欲しいと言っていたので、頭の中が「?」でいっぱいになりました。まあ、野外も嫌いではないのですが……。

 

人気のない場所で彼は車を停めます。

 

「ここで全部脱げ」と言われ、僕は素直に車内で全裸になりました。

 

溜まっているので、既に勃起していました。

 

全裸の僕を先に歩かせ、少し離れて彼が着いてきました。

 

彼は大きなバッグを抱えています。

 

「よし。その辺でいいだろう」

 

彼がそう言うと、バッグからロープを取り出しました。

 

職人技のように手早く、ロープを大きな木の太い枝に絡ませます。

 

呆気にとられている間に、いつの間にか僕はロープで縛られていました。

 

「さあ、準備完了だ。大丈夫か?」

 

僕はこくりと頷きます。

 

僕が地面に寝転がり、彼がロープを引っ張ります。

 

少しずつ足が地面から浮き、やがて体全体が宙に浮きました。

 

「今日は他にも案件があって忙しいんだ」

 

上下逆さまに映る彼が言いました。

 

「他所でひと仕事してくるから、このまま待っとけ。ここなら誰も来んだろう、たぶん」

 

僕は、公園の外れの葉が生い茂る大きな大きな木に、逆さ吊りされたまま放置されました。

 

かなり長い間……、数時間もの間放置されました。

 

「戻ってこないのではないか」という不安が湧き始めた頃、彼は迎えに来てくれました。

 

ロープを解かれ、数時間ぶりに地面に足を着けると、頭がくらくらします。よろめきそうになるのを、彼が優しく受け止めてくれました。

 

そして優しいキス。すっかり僕は彼に恋をしてしまいました。

 

こんな性癖の僕ですが、この恋が実ればいいなぁ、と思っています。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索