ホーム » BL小説/男子高校生・大学生 » 【BL小説】DQNリーダーに僕が守られている理由聞きたい?

【BL小説】DQNリーダーに僕が守られている理由聞きたい?

BL小説 DQNと僕の秘密

学校でDQNグループにイジメられてます。

小柄で運動も出来ない僕は、格好の的だと自分で思います。

何がキッカケで始まったのかは分からないですが、殴る蹴るは、されません。



女子の前で服を脱がされたり、恥ずかしい格好で写真を撮られたりしました。

それが、エスカレートしていくのに時間は掛からなかったと思います。

他のイジメられっこを連れてきて、フェラを強要されました。

お互いにフェラをして、先にいかせた方がイジメから、解放される。

と言うゲームです。

僕は、相手には悪いとは思いましたが、必死に舐めて、あっという間にいかせてしまいました。

「すげぇフェラテク。」

「普段から、してんじゃね?」

周りの奴らは、色々言ってきますが、気にしません。

やっと解放されるんだと喜びました。

でも現実は、甘くなかった。

次の日からも同じ日が続いていました。

でも金曜日の放課後にDQNのリーダー格の奴が1人で近付いてきます。

僕は、逃げようと思いましたが、あっさりと捕まってしまいました。

連れてこられたのは、学校近くの農業小屋。

そこには、ボロボロのソファーとタバコの吸い殻が沢山落ちていた。

「お前さぁ……」

普段とは違い、ハッキリと言わないリーダー格の奴。

何を言われるのかと身構えていると

「前みたいに…その……フェラとか、しょっちゅうしてんのか?アイツらは、そうじゃなきゃ、あんなに簡単にいかせられねぇって言ってたぞ。」

思っていた事とは違う事を言われて戸惑いましたが、早く返事をしないと、何をされるか分かりません。

「してないよ。解放してくれるって言ったから……」

素直に本当の事を言いました。

どう答えるのが、正解か分からないからです。

「じゃ…じゃあ、俺のもしてくれ。そしたら、明日からは、誰にも手出しさせねぇ。約束してやる。だから、俺のもしてくれ。」

そう言って、ズボンを脱ぎはじめました。

一度破られた約束を信じる事が出来ません。

何も言えず、何も出来ずにいると

「約束は、守る。絶対だ。」

その言葉を信じるかは、分かりませんが、するしか帰れそうもなかったので、跪いて舐めました。

「あっ、あっ、すげぇ。こんなに気持ちっ」

そう言うが早いか、僕の口内に大量の精子を出しました。

慌てて吐き出します。

「はぁはぁはぁ……すげぇ。気持ちいいんだな。」

ボロボロのソファーに座り込んでしまいました。

僕は、どうすればいいか分からずにいると隣に座る様に言われます。

素直に隣に座ると僕の頭を押さえて、自分の股間に持っていきます。

また、舐めろと言う事でしょう。

抵抗出来ずに、また舐めて、くわえると

「うぉぉぉ、我慢出来ねぇ。いくっ」

すぐにいってしまいました。

少し時間が経って落ち着くと

「約束は守るから、また頼むな。」

と小屋を出ていきました。

次の週からは、僕は何もされなくなりました。

でも毎日の様に小屋に連れていかれて、フェラさせられています。

段々と慣れてきたのか、いきにくくなってきました。

それでも、いかせないと帰れないので、一生懸命に舐めていると

「お前も脱げ。」

とズボンを脱がされ、アソコを触られます。

「お前のって、ちっこいのな。それに毛も少ねぇし。」

間近で見ながら、弄ります。

「恥ずかしいよ。」

そう言った時に、僕の顔をじっと見詰めてから、僕のチ○チ○をくわえて、口内で転がす様に舌を絡めてきます。

「あっ、あぁぁぁぁ」

慌てて腰を引こうとも、お尻をガッチリ捕まれて、逃げられません。

あっという間にいかされてしまいました。

口の中に出したのに不思議な顔をして、口の中の物を吐き出して

「量も少ねぇな。」

と笑いながら、またフェラさせられます。

 

カテゴリ:BL小説/男子高校生・大学生の最新記事

カテゴリ:BL小説/鬼畜・レイプ系の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。