ホーム » BL小説/3P・乱交 » 【BL小説】兄貴がスケベなもんで近親相姦しちゃったよ

【BL小説】兄貴がスケベなもんで近親相姦しちゃったよ

【BL小説】兄貴がスケベなもんで近親相姦

俺にはちゃんと血縁のある兄貴がいる。

俺は19で、兄貴は24です。

両親がいない俺達は、お互いが一番近い血縁者で、普通の関係の兄弟でした。

ただ、俺は兄貴が時々彼女がいたりするものの、バイで、月に数える程度、誰かと電話をしながら、よがり声をあげ、アナルをバイブで犯していることを知っていました。

そして、こないだ俺がたまたま遅くまで起きていた時に、兄貴の電話をしている声が俺の部屋まで聞こえてきました。

俺らの部屋は元々1つで、それを2つにわけられる設計になっていて、壁が薄く、しかも小さい時に手を突っ込んで穴を開けてしまった10cm弱の穴の所為で、音がとても漏れやすいのです。

俺はもう寝ようとしてるのに、兄貴の声がうるさくて寝られませんでした。



しかも、ただうるさいだけなら、まだマシかもしれませんが、凄くエロいことをいっぱい言いながら鳴いていて、俺の股間はかなり反応してしまいました。

俺は兄貴にうるさいと伝えようと思って、壁に開いた穴から、

「静かにしてくれ!」

と書いたメモを投げ入れました。

普段は、穴にコルクの板を止めてあるのですが、それは俺が勝手につけたので、兄貴の部屋側にはついていませんでした。

部屋は真っ暗で、正直投げ入れる前に、メモに気付くかどうか不安でしたが、案の定兄貴はメモに気付きませんでした。

次に俺は同じことを書いて、紙飛行機を作って、兄貴の場所を確認しようと穴の中を覗くと、ゲイモノのエロい動画が流れているPCのディスプレイに照らされて、ベッドの上で四つん這いになって、頭を携帯に押し付けながら、大きく足を開き、片手でアナルを拡げ、もう一方の手でバイブを出し入れしている兄貴が見えました。

兄貴が電話の向こうの奴におねだりをしている声と、アナルを出入りするバイブの湿った音が聞こえて、俺の股間が急に膨らみ始めました。

俺はその股間の膨らみを抑えられず、急に思考がエロい方向に進み始めました。

そして、兄貴を黙らせる方法を思い付きました。

ただ、自分の快楽を求めてしまったがために、俺は変態的なことをしてしまいました。

あろう事ことか、自分の大きくなったモノに、
セロハンテープでメモを張り付けて、穴に差し込んだのです。

今思うと、どうしてあんなことをしたのかわからないのですが、きっと淫乱な兄貴を止めるには、この方法が一番だと思ったのだと思います…(恥)

俺が穴にメモ付きの自分のモノを差し込むと、兄貴はすぐに気が付いてくれました。

が、急に黙って、電話の相手に

「ちょっと待って」

などと言いながら、壁の穴までゆっくり歩いて来るのが、音でわかりました。

そして、俺のモノから勢いをつけてセロハンテープを剥がしました。

「うっ…」

少し痛くて俺はちょっとだけ唸りました。

俺はその行動が兄貴の感情を表しているのだと思い、急に俺のモノから血の気が引いて行く感じがしました。

俺は、兄貴の当然であるハズの態度に急に萎えてきてしまって、急に自己嫌悪に陥りました。

モノは壁の穴に突っ込んだままw

落ち込んだ気分のまま、それを壁の穴から抜こうとした時、ギュッて握られました。

そして次の瞬間、生温かい感覚に包まれました。

俺は、兄貴が俺のをしゃぶっているんだと、すぐに理解して、またグングンとそこが張り裂けそうなくらいに大きくなりました。

兄貴の口の中でドンドン大きくなってしまったので、途中で兄貴が苦しそうな声をあげていて、穴の僅かな隙間から兄貴が俺のをしゃぶる音が聞こえて、また大きくさせてしまいました。

すると兄貴の部屋側から

「何、勝手にしゃぶってるん?ちゃんとおねだりせなあかんやろ?」

と電話の声が聞こえてきました。

「ほ、ほしぃ…」

俺のをしゃぶりながら、電話越しの彼にそう答える兄貴のその台詞が、俺の独占欲を刺激して、俺は自分でもなぜ言ったのかわからないけれど、

「電話切れよ」

と、いつの間にか強い口調で言っていました。

兄貴は一瞬の間を置いて…ゴトン、電話をそのまま床に落としました。

そして、兄貴は俺のモノをしゃぶることだけに専念しました。

少しの間、電話から男の声がしていましたが、
兄貴が携帯の電源を落としたので、すぐに聞こえなくなりました。

しかし、その分、俺が言わなくちゃいけないのかなと、独占欲のままに電話を切らせたことを少し後悔しながら、

「…う、旨いのかよ?」

と、小声でどもりながら聞くと、兄貴は

「うめぇ…」

と言い、俺のをしゃぶり続けました。

俺は壁に体重をかけながら、兄貴の口から抜け落ちないようにゆっくりと腰を振ると、時々、兄貴が苦しそうな声を上げましたが、その時の俺にはそれが歓喜、悶絶、恍惚の類いの声にしか聞こえなくて、先程より激しく腰を振って、兄貴の喉を容赦なく何度も突き刺した。

すると、兄貴が喉の奥の方で器用に俺の亀頭を責めたので、ひさしぶりにフェラだけでイキそうになったのだが、兄貴が急にやめてしまった。

俺は、

『まさか兄貴が正気に戻ったのかも』

と不安になったが、

「んっ!!! ひあぁ! やっ、そっな、奥っ…ひっ!!!」

俺は奥を一度思いっきり強く突き上げただけで、全く動いてないと言っても過言ではないくらいなのに、兄貴は大きな口を開けて、泣きそうな顔で、オムツを換えられてる子供より大きく広く足を開いて、手は、先程捲り上げた布団を力いっぱい握っていて、声を我慢する余裕も全くないみたいだった。

俺が兄貴に

「動いてもいい?」

と聞くと、布団を握っていた手を恐る恐る解いて、

俺の首に回し、グッと自分の方に俺の顔を引き寄せて、俺の耳に熱くて荒い息をかけながら、

「ゆっくり…なら」

と答えた。

俺は兄貴の顔を見た。

兄貴と目が合う。

兄貴の視線が俺の唇に落ち、また俺と視線を絡ませ、口を小さく開けて、少し舌を出して俺を挑発した。

俺は、堪らず兄貴の舌にしゃぶりついた。

兄貴も俺の舌に舌を絡めて、お互いの口の中でお互いの唾液が混ざり、エロい音を立てた。

俺がそのままゆっくり腰を動かすと、兄貴がキスをやめて声を上げる。

咄嗟のことに少し驚き、口を離すと、2人の混ざり合った唾液が糸を引いて、目の前にいる兄貴が急にとてつもなく愛おしくなって、うるさいくらいに声をあげている兄貴の口を唇で塞いだ。

「ん゛~~~!!!」

兄貴は口を塞いでもうるさくて、でも不快じゃなくて、むしろ心地よくて、兄貴の声を聞きながら、兄貴の要求通りゆっくり腰を動かした。

ずっとお互いを求め合っていると息苦しくなって、口を離すと、兄貴が涙目で俺を見て、

「やっはぁ、もっと、もっと突いて!もっと激しく突いて、突いてっん!!!」

と言った。

俺は兄貴のその言葉を聞いただけでイキそうになった。

しかし、今イッてはマズいと思ったので、一度腰を止めた。

「…?」

兄貴が俺を不思議そうに見ていた。

「お前…エッロ過ぎだっつの。ケツすっげ締まるし、ちんぽもギンギンでダラダラじゃん、先走り。しかも、まだ欲しがってるし。乳首もビンビンじゃん、ホラ」

そう言って乳首を摘んでやると、

「んっぁ…!」

と軽く声を上げて、身体をビクつかせ、アナルで俺のモノをギューッと締め付けた。

「…感じるんだ?乳首。相当自分で弄ってんのな?淫乱だなぁお前。もっと強く摘んで欲しいんだろ?」

兄貴が少しムッとした顔をしたが、強く摘んでやると、またさっきと同じ反応をした。

何で俺は兄貴をこんな攻め方しているんだろうと思った。

そう考えた瞬間に、自分でそれが嫉妬であることに気付いた。

急に自分が惨めになって、少し自虐的になって落ち込んで、少し萎えかけた…ヤってる最中に。

その時、兄貴が思いがけない行動に出た。

「…んぁっ! な、あ、兄貴、な、何して…?」

「お前も感じてんじゃん? 乳首。お互い淫乱なのかもな、産まれた時から。同じところから産まれて来てんのに、こうやって繋がっちまってる時点で、もう一般的には充分変態だって、俺も、お前も」

凄い自分の心の中を見透かされた気がした。

兄弟だからなのか、繋がっているからなのか、
もしかしたらその両方が重なっているからかも知れないけれど、心の中が全部見られた気がして、少し恥ずかしかったが、恥ずかしがっている暇はなかった。

兄貴が自分の身体を反転させて、バックの体位で腰を振って誘ってきたのだ。

「ここまでっ、しといて、途中で、やめんなっ!ん、ヘタレ!」

喘ぎながら兄貴がそう言った。

「へ、ヘタレとか言うな! 後悔するなよ。ガンガン突いてやる!!!」

俺は言葉通り、兄貴の腰を滑ったりしないようにガッチリと鷲掴みして、派手な音を部屋の中に響かせながら、ガンガン突いてやった。

俺の骨っぽい腰と、兄貴の締まったケツが当たっている音より大きな声で、兄貴が鳴いていた。

俺が思いっきり突き始めてから少しすると、兄貴の喘ぎに声が混ざっていたが、俺は突くのに夢中で全く気付けなくて、

「あっ、あ! やばっ、い、おまっ、ちょっ、うぁ、イク!!!」

なんて言ってたらしいけど、部屋にパンパン響いちゃってて…。

兄貴がイっていることに気付かないまま突き続けてると、急に締まりがよくなって、すっげぇ感じたんだけど、すぐに緩くなったので、一度腰を止めて、兄貴に、

「今すっげぇ締まってよかったのに…さっきみたいにまた強く締め付けてよ」

と注文すると、兄貴は気まずそうにこっちを向いて、

「お前、『イク』って言ってんのに、思いっ切り止めもしないで突きまくってるから、イッちまったじゃねぇか…今布団に、すっげぇねっとりついてるし」

と言った。

俺は兄貴の身体(上半身)を持ち上げて見てみると、兄貴のモノのヘソの下の辺りに、兄貴が言った"ねっとり"で表しきれないくらいに大量の精液がついていた。

「そんなに感じてくれたの?ってか、手ぇ使ってなかったよな?今。ケツだけでこんなにいっぱい出ちゃったんだ。でも、まだ俺イッてないから、ココじゃ汚れちゃうし、兄貴の部屋で続きしよっか★」

俺がそう言うと兄貴は、

「つ、続きって、俺イッたんだけど?」

とワガママ発言をしたので、無視して、兄貴を正常位の向きに変えて、繋がったまま持ち上げた。

兄貴の体重は俺よりは軽かったけれど、やっぱり成人男性なので、グッと腰(?)に体重がかかって、深く深く兄貴の中に俺のモノが入った。

「んぁ、おま、もっと、ちゃんと、っ持ち上げろ!」

兄貴が俺に向かってそう言う。

俺の身体は結構見た目は筋肉質なんだが、無駄についている筋肉は見せ筋であって、何の役にも立っていないので、兄貴を持ち上げただけでフラついて、途中でコケそうになった。

コケそうになって、自分の部屋から兄貴の部屋に行く途中で、兄貴を壁に押し付けた。

すると、ズルって兄貴の中に入っちゃって、マジ気持ちよくて…、

「うっわ、すっげぇいい。このまましてぇ…」

「ダ、ダメっだって…ぁ、はぁ、早く、動いて…」

「動いていいんだ?」

そう言って、俺が腰を斜め上に突き上げた。

すると、兄貴が俺の頭を自分の胸板に引き付けながら、

「お、おま、ち、が、ぁっや、だ、待って、ちょっ、あぁ!」

なんて耳元で囁いてくれて、そんなこと言われても、やめられる訳なくてwww

「おあぁ、兄貴の中、トロットロだよ? あれ? 言われて感じてんの?先走り。それとも俺の身体に塗り付けて、挑発してんの?」

「やぁ、ち、違っ、ま、マジで、ココでは、んっっ!!!や、あぁ、嫌だ、と、止めて、腰…」

俺は兄貴に言われて、動くのをやめた。

そして、兄貴がまた俺の耳に荒い息をかけながら言った。

「べ、ベッド行って、もっと激しく…」

兄貴のその言葉に、俺はまんまと兄貴のベッドに誘われてしまった。

兄貴の部屋に入ると、とても暖かかった。

というか、裸であるにも関わらず暑かった。

兄貴は俺の部屋に来る時、自分の部屋の暖房を切り忘れていたようだ。

俺は兄貴をベッドにそっと置いた。

ベッドには、俺があの穴から覗いた時に見えたバイブと、その他いろいろな大人の玩具が転がっていてた。

兄貴のちんぽは、相変わらずすげぇギンギンで、トロトロだった。

俺のちんぽも、相変わらずギンギンで、兄貴の中で暴れたくて仕方がなかった。

「…早速動いていいッスか?」

俺が兄貴に聞くと、兄貴はまたムッとして、

「聞かなくてもわかってんだろぉが!ヘラヘラしながら聞くな、馬鹿!」

と繋がったまま説教をされた。

…だから俺は兄貴に少し意地悪をして、

「言わないとわかんねぇよ。俺、馬鹿だから」

とヘラヘラして、兄貴のトロトロのモノを弄りながら聞いた。

すると、兄貴がムッとしたまま黙ったので、
俺が我慢できなくなって、少しだけ動いてやった。

「んっぁ…」

「動いて欲しいんっしょ?」

兄貴が躊躇いつつ、俺の少し下で小さく頷いた。

「もっと素直になっていいよ。俺しか見てないから」

(↑ここに投稿してる時点で嘘になってる気がするが)

そう言いながら動くと、兄貴が口を手で伏せた。

俺はその手を取って、ベッドに体重をかけて押し付けた。

「声、出してっ、いっぱい! その方が興奮するし、エッチなことしてる気になる!」

そう言うと、兄貴はまた首に手を回して、俺の身体を自分に引き寄せた。

そして、俺の鎖骨を舐めて、

「お前、汗かきすぎ。大丈夫か?」

と言った。

俺が

「いや、大丈夫だけど」

と答えると、

「大丈夫なら、もっと汗垂らして、激しく動いて!」

と兄貴が言った。

俺は

『この人は何処まで淫乱なんだろう?』

と思いつつ、兄貴が俺を求めていることに対して興奮して、兄貴の望み通りに激しく犯してやった。

「はっん、せ、正常位のっ方がっ!」

「…っえ?」

先程の過ちから、兄貴の言うことをよく聞くと、自分に誓った俺が、兄貴に聞き逃しを聞き直した。

「せっじょっいのほっが、バックよりっ、騎乗位よりっ感じ、感じっるぅ!!!」

俺の興奮度は、それを聞いて最高潮に★

兄貴の中でガンガン暴れた。

兄貴も今まで以上に大きな声で喘ぐ。

俺は兄貴の希望通りに動いた結果、兄貴の希望通りに汗だくになり、ボタボタと兄貴に水滴…いや、汗滴を落とした。

兄貴は喘ぎまくっていて、不定期に、俺の19年生きてきて感じたことがないくらい硬く、痛いほどにデカくなったモノを、柔らかくて、熱くて、トロトロのアナルで、血が止まるくらいに締め付けた。

俺がとうとうイキそうになって、

「やっべぇ締め付け!!!っが…イ、イキそっ!!!」

と言うと、兄貴は

「あっ、はぁ、っれ、もっ!」

と、途切れ途切れに喘ぎながら答えた。

文面上ではわかりにくいだろうが、俺は兄貴が

「俺も!」

と答えたのがきちんと理解できて、俺は喘ぎっ放しの兄貴に、

「兄貴ぃ、さ、さっきイッたばっか、なのに、い、イキ過ぎ!!!そっないっぱい感じて、くれてんだっ!一緒にイコッ、なっ!」

と答えて、兄貴のモノを強く握って扱いた。

兄貴はすっげぇ大声で、こんな夜中に近所迷惑だろうと思うくらいうるさく鳴いて、俺のを、俺が兄貴のモノを握った強さより、強く締め付けた。

だから、俺も対抗してギュウギュウ強く、兄貴のを握って扱いた。

すると兄貴は、

「っはぁ、おまっ、つ、つぉぃ~~、ぁっ、イ、イくっっっっ!!!」

と言って、兄貴の顔や俺の胸なんかに、ドビュドビュ、真っ白の精液を大量に飛ばしまくった。

俺は、その時の凄い締め付けで、

「うっわ、兄貴、すげぇ出てる! 俺も、で、出る! うぁっ!!!」

と言って、兄貴の穴から抜いて、兄貴にいっぱいかけた。

その時、初めて知ったが、俺のは自然体だと微妙に右曲がりらしく、兄貴の左半身や顔、兄貴を通り越して、枕や布団にも、自分で見たことがないほど大量に、濃い精液を飛ばしまくった。

兄貴と俺はハァハァ肩で荒い息をつきながら、呼吸を整えようとしていた。

そして、少しの沈黙の後、兄貴が、

「風呂行くぞ」

と言って立とうとした。

しかし立った瞬間、ベッドに逆戻り。

「だ、大丈夫か?!」

俺が言うと、少しだけ恥ずかしそうにしながら、

「…また、してくれるか?」

と聞いた。

俺は少し笑いながら

「おぅ★」

と答えると、兄貴に軽く頬を殴られ、

「ヘラヘラすんなっ! 肩貸せ、風呂まで」

と言われた。

そして、一緒に風呂に入って、身体を流した。

 

カテゴリ:BL小説/3P・乱交の最新記事

カテゴリ:BL小説/近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。