ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】既婚リーマンが夫婦揃ってパイパンにしてみた結果・・・・・・

【ゲイ体験談】既婚リーマンが夫婦揃ってパイパンにしてみた結果・・・・・・

パイパンにした代償

神奈川県在住の既婚リーマンさんからの投稿です。結婚6年目、性生活のマンネリ化から夫婦揃ってパイパンにしたという投稿者。そんなある日の飲み会帰り、駅のトイレでオシッコしていると隣の小便器に自分と同じパイパンの熟年がやってきたんだとか・・・・・
フェラするリーマンさん
私は既婚の32才のサラリーマンです。

結婚六年目の妻子ある身で妻とは適度にセックスもしており至ってノーマルです。

ただ、そんな妻とのセックスにもマンネリ感は否めず、いろいろと試行錯誤を繰り返していました。

で、先月から思いきって夫婦揃ってパイパンにしました。

妻のマンコは別人のようになり、私のチンポも久々に脈打つほど硬く勃起してくれるようなりました。

先月末、職場で送別会があり、二次会が終わって解散する頃にはかなり酔ってました。

終電で帰る為に駅に向かい電車が来るまで少し時間があったのでとりあえずトイレに向かいました。

パイパンにしてからは、公衆トイレなどを使う時は自分がパイパンだとバレないように隣とかから絶対に見られないように気をつけてました。

ところがこの日は気分良く酔っていて注意散漫になっていたのか、人が入ってきても気にせずオシッコしてたのです。

他にも空いてるのに何故か隣に立つ男に、ハッ!とパイパンであることを思い起こされ、慌てて体を斜めにして見えないようにしました。

かなり飲んでいたせいか、オシッコは中々終わらず、後に入ってきた男の方が早く用を足し手を洗って髪型を弄ってました。

男は私より一回りくらい年上って感じで清潔感漂う爽やかな雰囲気の男でした。

何となく気まずい雰囲気の中、男の横で手を洗ってトイレを出ようとした時です「お兄さんパイパンなんだね。ちょっと来て」と腕を掴まれました。

私は意味が解らず若干パニクってました。

グイグイと個室トイレに引っ張られ「な、何ですか!やめてください!」と抵抗しますが、私と変わらない体型なのに凄い力強いで引っ張られます。

酔いもあって多少足元のおぼつかない私はとうとう個室に引き込まれました。

「金取ったり殴ったりしないから、落ち着いて」と小さな声で言いながら鍵を掛けました。

私は「何なんですか?」と質問すると「チンチン見せて」と一言・・・・

「は?」と聞き直すと「パイパン見せて。俺も見せるから」と。

そういうと男はズボンをおろし自分の物を出しました。

なんと、その男も私と同じパイパンでした。

「ほら、見せて?脱がそうか?」

「終電来ちゃうんで、勘弁して下さい」と言って出ようとすると男は私の股間をギュッと掴みました。

私が、痛っ!と怯んだ隙にキスされました。

突然の出来事に頭は真っ白。

しかし直ぐに我に返り、突き離そうとするけど先程のように凄い力強い力で抱き締められ、男の左手が股間をまさぐり始めました。

自分でも驚いたのですが、私のチンポが男の手に反応し少しずつ大きくなっていきました。

気持ちとは正反対な反応を示す物を握りながら男が「興奮してんじゃん。大人しくしな、。」と、言いながら耳を舐めてきました。

私は男相手に体が反応した現実を受け入れられずショックだったのか、それとも男の強い力に敵わないと思って諦めたのかフッと脱力しました。

「よしよし。気持ちよくしてやるよ」

そう言うと男は私のズボンとパンツを脱がしました。

「本当に綺麗なパイパンだな。剃らないで抜いてるの?」

私は無言で頷きます。

「奥さんの趣味?いい趣味してるね」

そう言いながら私の半勃ちのチンポをゆっくり扱き始めました。

口が近付いてきたとき、病気の心配が頭をよぎり「口はダメです!病気とか…」と言ってる言葉を遮り「俺も既婚で嫁ともやってるから病気はない。安心しな、俺は既婚しか相手にしないから。エイズとか最悪だからな。」と。

私は安心した訳ではないが、どうせ逃げられないと思い男の口での奉仕をうけいれてしまった。

生暖かい粘膜に包まれた私のチンポは一気にMAXになりました。

女にされるのとは、少し違う感じ。

的確に気持ちいい所を刺激してくる。

竿を持ち上げ、玉袋から裏筋に噛め頭を丁寧に舐めあげ、ねっとり吸い付くようなフェラ。

そして根元までくわえ込まれた時、一気に射精感が込み上げてきた。

そのまま口内発射すると、男は躊躇なく飲み干しました。

私は方針状態だった。

今までに経験したフェラの中で一番だったかも…。

妻のマンコに入れた時より早くイッたかもしれない…。

「ズボンはきな。終電行っちゃったろ?送ってやる。」

時計を見ると確かに終電を逃していました。

タクシーで帰れる程持ち合わせが無かったので、戸惑いはあったが送って貰う事にしました。

すっかり酔いが覚めた私は黙って男に付いていきました。

男の車は黒塗りの高級車でした。

この車といい、あの腕力…もしかしてヤクザ!?

急に怖くなったが既に車は動いています

男が「フェラしてみるか?」と言ってきました。

もし、この人がヤクザだったら断らない方がいいと思い、嫌々だが「は、はい。」と答えました。

信号待ちの時にズボンを下げる男。

私はシートベルトを外して身を運転席側に乗り出して男のチンポを握りました。

初めて握る他人のチンポ、フニャフニャで暖かい。

自分の物を握った時と全然違う感触。

くわえるのを躊躇ってると、男が私の頭を抑えつけてきました。

そして思いきってくわえてみました。

何とも表現しがたい感じでした。

それが次第にかたく大きくなっていく。

くわえながら、しよっぱい我慢汁を舐めながらチロチロ舐めてみました。

「お~。いいよ~。奥までくわえて吸い込むようにしてくれ」

言われた通りにしてみました。

「お前ホントに初めてか?上手いなぁ。上下に頭振れよ。」

私の頭を掴みながら無理矢理上下に動かされます。

しばらくその動きを続けていると男は路肩に車を止めた。

「お~イクぞ…全文飲めよ…あ~…うっ!おぉ~…」

その瞬間口のなかに生暖かく苦い物が広がりました。

言われた通り一気に飲み込みます。

喉の奥に粘つき感とピリピリする感じが残りました。

その後、少ししたら自宅近くの駅に着きました。

別れ際に名刺をわたされ「したくなったら連絡くれな!」と言って男は去っていきました。

男はある会社の社長で、後日ネットで調べると、地場のその業界では割と有名らしいです。

あれからしばらく経過しましたが、妻にされるフェラと男のフェラを比べてしまう事が多々あります。

そして、男の方が勝ってしまうのです。

またあの感じを味わいたいと思う自分に気付きます。

そして、ほかの男もみんな女より上手いのか?お尻を弄られると気持ちいいいいのか?と、どんどん興味が湧いてるきてしまんです。

妻が生理になって今日で禁欲5日目。

さっき男に連絡して今夜会うことになりました。

私みたいに葛藤しながら徐々に男にハマってしまう物になのでしょうか…。

もっと踏み込みたい好奇心と妻にバレた時のリスクを考えると引き下がるべきか…。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。