ホーム » イケメン » 【ゲイ】夜行高速バスでスジ筋短髪イケメンと同席した結果wwww

【ゲイ】夜行高速バスでスジ筋短髪イケメンと同席した結果wwww

偶然の出会い

愛知県在住のタクヤさんからの投稿。ある日のこと、名古屋から東京行きの夜行バスに乗ったという投稿者。しばらくすると投稿者の横に同い年くらいの短髪イケメンが座ってきたんだとか・・・・・
電車内のサラリーマン
夜行高速バスにて

名古屋から、金曜日の夜、格安夜行高速バスに乗って東京へ遊びに出かけた。

格安バス会社だったので、横4列の2人掛けシートだった。

隣に座ったのは、同年代のスジ筋・短髪イケメンだった。どうせノンケだろうと思い、リクライニングを倒し眠ることにした。

夜中に目を覚ますと、俺の股間は朝勃ちのように皮まで剥けて(恥ずかしいけど仮性が)勃起して、ジーンズの中で左上向きにギンギンに硬直していた。

隣は熟睡中で、念のため、2人の間にあった手に触れたが反応しない。それを確認して、ジーンズの上から握ったり擦ったりしていた。

すると、隣の彼の手の甲が、俺の太股の外側に触れた。俺は気にせず硬直を擦っていた。そして、彼が寝返りをうつように、体勢を動かすと、手の平が俺の太股の上に乗った。

次に体勢を動かすと、手の平が俺の硬直したモノの上に置かれた。男の手が俺の勃起に触れていると思っただけで、ピクンピクンと2回動いてしまった。

すると、彼は2回握り返してきた。

ピクンピクンピクンと3回動かすと3回握り返してきた。彼の顔を見ると目が開いていた。

彼の右手は俺の勃起に、左手は自分の勃起を握っていた。俺は、彼の股間に手をやり、勃起を握った。

ちょうどバスは、トイレ休憩場所のサービスエリアに入った。休憩時間が30分あったので、彼をトイレのオストメイトに誘い入れ、ジーンズと下着を膝まで下ろし、2人で扱き合って、ほぼ同時に果てた。

ゲイ2人が、バスで同席する偶然であった。

バスに戻り、車内灯が消えたので、膝掛けを2人の腰に描け、お互いの股間を触り合って、眠りに就いた。

東京駅到着少し前に、彼からマンションに誘われた。これと言って予定がなかったので、スタバで朝食を済ませ、着いて行くことにした。

彼は、飯田橋近くのワンルームで、2回戦は、リバの俺が掘られることになった。

昼頃まで眠り、彼もリバだったので、3回戦目は俺が掘らせてもらった。

俺の予定は、夜に神田の褌バーに行きたかったので、夕食を食べ、一緒に出かけた。

夜行バスで帰るつもりだったが、彼のマンションで1泊させてもらって、翌日lineを交換して、新幹線で帰ってきた。

今でも、東京と名古屋で交互に遊んでいる。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。