ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】剣道部の部室にエロ本を置いて帰った結果wwwwwww

【ゲイ】剣道部の部室にエロ本を置いて帰った結果wwwwwww

ザー・メン!

三重県在住の学生さんからの投稿。小学生の頃からずっと剣道を続けているという投稿者。部活ももちろん剣道部。部内で一人だけ気になる先輩がいるらしいが、どうも100%ノンケらしく。それでも諦めきれない投稿者はイタズラしてみることに・・・
逆手オナニーする男子
夏はずっと部活でした。

海にもプールにも行けずストレスが溜まっておかしくなりそうだったので、息抜きに先輩にイタズラをしかけました。

もう引退したんですが、3年の先輩で多分剣道も一番強くて、一番イケメンのカイト先輩はいつも最後まで残って自主練してて、帰るのが最後なんです。

で、イタズラ決行日に帰る直前にみんな帰った部室にこっそりエロ本を置いておきました。これで準備は完了です。

練習を終えて部室に入って、先輩が最後に部室の鍵をかけて出て行くのを確認して、裏の締まりの悪い窓から侵入。

そしたら、やっぱりエロ本なくなってましたw

やっぱり憧れの先輩もただのスケベな雄なんですねー。なんか安心w

と思ってたら、床になにやら光る物体が。まさか…

いやいや、あのストイックで真面目な先輩が神聖な部室でそんなこと…。

なにかの間違いだと思いながらも飛散り具合からしてもやっぱり…。

手にとってあの液の粘りけを確認して、匂いをかいでみると、つーんと青臭くて、先輩が放出したものに間違いなさそうでした。

でももし違ったらと思い、その日は後ろ髪ひかれながらも、先輩の防具を嗅ぎながら、部室で想像オナニーして帰りました。

そして、もう一度確かめるべく罠を仕掛けることにしたのです。

3日後、また先輩が最後でした。

今度はエロ本を部室に置いたあと、裏の窓をほんの少しだけあけて、先輩が入って来るのを待ちました。

蚊に何度も刺されそうになってもう帰ろうかと思った時、胴衣姿の先輩が入って来ました。

エロ本をみつけると先輩はすぐに、部室の戸に鍵をかけました。

その後窓の方に近づいてきたので、とっさに逃げました。

やっぱり窓もしっかり閉められてしまいました。

見えませんが中で先輩が何をしているのかはもう明確でした。

なんとなく磨りガラスの向こうに先輩の動く姿がみえたけど、手が震えて窓をズラすことはできませんでした。

先輩が帰ったあと、今度は床に飛散った新鮮な精子を思いっきり塗りたくってオナニーしました。

先輩の面を被りながら物凄い興奮とともにあっという間に果てました。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。