ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中学1年生だけど種壷として毎日犯されてます・・・・・・・・

【ゲイ】中学1年生だけど種壷として毎日犯されてます・・・・・・・・

若い種壺

埼玉県在住の学生さんからの投稿。友達がゲイなのを偶然知って以来、自然と自分も同じように男とセックスするようになってしまった投稿者。その友達の紹介で歳上男性達にも抱かれるようになった結果・・・
ショタのアナル処女喪失
中学1年の時、塾の帰りで夜の公園の公衆トイレに寄ったのですが、個室から裸の男の子が若いお兄さんと出てきました。

しかも、その男の子はまぎれもなく僕の友達の松岡君でした。

友達は放心状態というかボーっとしていて僕に気付かず裸のままいました。

僕は少し心配になり「松岡君、どうしたの…」と言うと、やっと正気を取り戻したようで恥ずかしそうに股間を隠してました。

松岡君は、まだ余韻があるのか勃起して、いきなり抱きついてきました。

僕はもともと男性に興味があったので、とても興奮してしまいお尻を触るとぬるぬるしていて穴が開いてました。

松岡君は僕のチンポを扱き勃起させると「ねぇ、僕のお尻に入れてよ」と言ってきました。

もちろん初めての経験でしたが、こんなチャンスはないと思い松岡君のお尻に入れてみたのです。

想像してたよりもニュルっと呆気なく入ってしまい少し動いたら、とっても気持ちよくてすぐ射精してました。

松岡君のは勃起していて「交代だよ」と言うと僕のお尻にローションを塗ってお尻に入れてきました。

お尻も初めてで最初は痛かったけどだんだん気持ち良くなって、女みたいに悶えて突かれ、松岡君が「イクっ」て言って、中に射精して僕も2回目なのに大量に射精してました。

僕達は裸のまま抱きあい暫く個室にいました。

友達が「ちょっと待ってて」と言うと裸のまま個室から出て行きました。

そして、数分後に戻ってきたんですが『知り合いのおじさん』と言う男性と一緒に個室に入ってきました。

おじさんはすぐに裸になると太く長いチンポを入れてきました。

僕は「裂けるから、もう無理」と言ったのですが、激しく突かれ友達は僕も口にチンポをねじ入れてきました。

そして、おじさんが僕の中でイクと友達も口の中に射精して、お尻の穴から精子を垂れ流して僕はオシッコを漏らしてました。

おじさんが去るとまた違う大人がやって来てチンポを入れられ友達も3、4人に抱かれました。

僕は初体験と同時に乱交されてしまったのです。

それからは毎日、友達と知らないおじさん達に抱かれ立派な種壺になってます。

高校生になると、あるおじさんから包茎手術のお金を出し貰い、一週間オナニーを禁止され、お尻は疼くし精子は溜まって一週間後久しぶりに友達とおじさんも溜まっていたのか2回もアナルに射精して、僕も射精してました。

友達もおじさん達に抱かれ3回くらい射精して、精子まみれになってました。

僕も3回射精して4回目は初めて潮を吹いてました。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:潮吹きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。