ホーム » 乱交 » 【ゲイ】ホームレス3人にドロドロ種汁を顔射されちゃった話

【ゲイ】ホームレス3人にドロドロ種汁を顔射されちゃった話

【体験談】被虐願望のある投稿者。辛抱できずに近所のホームレスに声を掛けて犯してくださいと懇願。最初はワケが判らず戸惑っていたホームレスだったが、意図を理解した途端に強気になってきて・・・

ホームレスに集団レイプされた体験談

 

最近、ついに汚れ専デビューしちゃいました。

 

場所は川○、六○土○の橋の下です・・・

 

その日、僕は声をかけておいたホームレスと、夜中の二時過ぎに橋の下で待ち合わせをしたんです。

 

(本当に来てくれるのかな?)

 

僕の胸は期待と不安でいっぱいでした。

 

すると橋の向こうからこちらにフラフラと近づいてくる人影が・・・しかも三人?

 

やっぱり怖いかも・・・

僕の興奮は不安に変わっていました。

 

(ど、どうしよう?三人も・・・)

 

いざとなるとやっぱり怖気づいて脚がガクガク震えだしました。

 

(やっぱり、やめよう・・・)

 

僕はここに来てしまったことを、猛烈に後悔していたんです。

 

でも、もう手遅れでした・・・

 

「へーーっ、本当に来たんだな?せっかくだからツレも二人呼んできたんだ・・・」

 

薄暗くて顔はよく判りませんが、一人のホームレスが僕に近づいてきました。

 

しかも、三人ともすでにズボンをズリ下げ、勃起したチ○ポを握り締めているんです。

 

それに、かなり興奮しているみたい・・・

 

「ほらっ、早くしゃぶれ!」

 

ドスの利いた低い声で命令口調でそう言われると、もう、どうすることもできませんでした。

 

僕はその場でひざまづき、ホームレスの股間に顔を近づけました。

 

(ウッ、ウゲーーッ!)

 

きついアンモニア臭に、僕は思わず顔を背けようと抵抗しました。

 

でも、他の二人のホームレスに身体を押えつけられ、身動きが取れなくなってしまったんです。

 

「俺たちみたいな汚れた男の臭いチ○ポが好きなんだろっ、ええーーっ!」

 

ホームレスは容赦なく僕の口の中に硬く勃起したチ○ポを押し込んできたんです。

 

(ああーーーっ!ホームレスのチ○ポ、口の中いっ・ぱ・い・・・)

 

ンムッ、ブムッ、ムッ・・・

 

誰もいない静かな橋の下に、いやらしい音が響き渡りました。

 

その瞬間、僕の身体を電流のような激しい刺激が駆け巡りました。

 

それから、僕は三人のホームレスたちにいいように弄ばれ続けました。

 

生温かくてドロドロの精液を口の中に出されたり、顔にかけられたり・・・



 

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索