ホーム » ノンケ » 【ゲイ】おじさんのデカチンポの虜になった男の話

【ゲイ】おじさんのデカチンポの虜になった男の話

某ポルノ映画館にて

京都府在住のフリーターさんからの投稿。男性とは全く経験のないノンケだったが、そういう場所とは知らずに成人映画館へ足をのばしてしまう。耳元でおじさんに脅迫され、好き勝手に体を弄ばれてしまった結果・・・
ベランダでアナルを犯される男性
半年前の話になります。

私は1人、平日のポルノ映画館へ向かいました。

平日だけあってガラガラだったので、人が居なそうな後ろの端の方へ座りエッチな映画を見ていました。

映画が始まって間もなく、薄汚れた服装の中年男性が入って来てキョロキョロしたと思うと、私の方へ向かって来ました。

おじさんは、3席隣に座るとジッと映画を見始めたんです。

何だか気になりましたが、私もおじさんの方を見ない様にして、映画の続きを見ていました。

男と女が抱き合い乱れるシーンになると、おじさんがズボンのファスナを開け、中からチンポを出しシコシコと手で摩り出したんです。

見るつもりはなかったんですけど余りのチンポの大きさに目が釘づけになってしまいました。

そして、おじさんはチンポを出したまま近寄って来ると「大きいだろう」と言うと私のお尻辺りを擦って来ました。

突然のことに驚き、金縛り状態で声も出せずにいると、おじさんが今度は体を触りだし「色白な綺麗な肌だな」と言うんです。

とても変な気分でした。

何だか怖くて抵抗も出来ないまま、おじさんに触られていると、おじさんが私の頭を押え自分の股間へ当てて来ました。

これまた余りに突然で、不意を突かれた感じで、私はおじさんが剥き出しにしているチンポに顔が当たってしまいました。

チンポの先からは汁が溢れてて、顔にヌルヌルします。

おじさんの力も強く、遂にはチンポを口の中に入れられました。

何とも言えない感触と、ツンっと来る匂いに吐きそうでした。

頭をグイグイ動かされている内に、何故か股間がムクムク大きくなってしまい、頭の中が真っ白に。

今度は、おじさんが私のズボンのベルトを外すと、ズボンを下げられお尻を摩ったと思うと「変態だな!みんなに教えてあげようか!」と脅してくるんです。

思わず首を横に振ると「じゃ、大人しく俺の言う事を聞いてろ」と言われ、首を縦に動かしました。

おじさんは、お尻の穴の辺りをゆっくり撫でほぐすと、ゆっくり指を入れて来ました。

変な異物感に何だか漏れそうな感覚、でも少しずつ動かされる内に、股間はMAXに膨れ上がり我慢汁まで出る始末。

指は1本から2本になり、でも不思議と痛みはありませんでした。

間もなく、おじさんのチンポから大量の精液が口の中に放出され、私は呑み込まされたのです。

当然、男の精子など口にした事はありません。(誰でもそうでしょうけど・・・)

吐きそうになりながら、私はおじさんに連れられトイレへ向かいました。

水で何度も口を注ぐと、おじさんに大の方へ連れ込まれズボンも下げられると、後ろからお尻にチンポを入れられ中で出されました。

出し終えると、「また、来たら入れてやる」と言い残しおじさんは出て行きました。

暫く茫然とトイレで休み、ムズムズするお尻を押えながら、帰りました。

その日から、お尻に目覚めた私はオナニーの時はいつもお尻に指を入れたり、異物を入れています。

男が好きな訳では無いのですが、これまで味わった事が無い興奮と気持ち良さが忘れられず、映画館に足を運んでしまうんです。

一番後ろの席で待つおじさんの隣に座ると、直ぐに大きくなったチンポを咥えます。

おじさんは、そんな私のお尻に指を入れグイグイ刺激して来ます。

2人が最高に興奮した所でトイレに行き、おじさんのチンポをお尻で受け止めます。

こんな生活が半年!

おじさんが最近、変な事言い出しています。

「今度、家へ来ないか?部屋でゆっくり可愛がってやる!外でもやりたいな!お前を縛ってみたいんだ」って。

どうしたらいいのか?

変な世界へ連れて行かれそうで怖い気持ちと、試てみたいと言う興奮が入り交じり今日も、映画館へ向かう予定です。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメント1件

  1. より:

    あーあ~いいな

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。