ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】会社寮の共同風呂で好みだった同期が潜望鏡してくれて・・・・・・

【ゲイ体験談】会社寮の共同風呂で好みだった同期が潜望鏡してくれて・・・・・・

共同風呂で好みだった同期が潜望鏡

私が独身だった頃、同期入社の中にMという、超好みの男がいました。

色が白くて小柄で、クリっとした瞳が、私の性欲を掻き立てずにはいませんでした。

しかし、他の同期の中にTというお仲間男を見つけ、私はTと付き合い始めました。

当時、TとMは同じ会社の寮に住んでいました。
アパート住まいの私は、Tの部屋をこっそり訪れては、せっせとことに励んでおりました。

ある晩、Tの部屋で2人で飲んでいましたが、もう明け方に近い頃、
私はTに、

「1階の(共同)風呂でHしよう」と持ち掛けたのです。

私は「平日だし、誰も来ないよ」

と言ったのですが、Tは全く受け付けませんでした。
暫くしてTは寝てしまったのですが、私は風呂に行ってみることにしました。
案の定、その時間に風呂には誰もいない様子で、周りをよく確かめて、私は鍵を開けました。
誰もいない風呂など、ただの風呂なのですが、ミョーな興奮を覚えました。その時です、鍵の開く音がして、誰か入ってきます。何とMでした。

『やばい』

と思いながらも、隠れる場所もなく、目を丸くしているMに、

「いやぁ、Tから忘れ物を取ってくるように頼まれて」

などと、全く説得力のない言い訳をしたのですが、
私がTと仲が良く、よくこの寮に来ていることを知っているMは、
それ以上詮索しようとはせず、何とかその場を取り繕うことができました。

その後は更衣室のところで2人で立ち話をしていましたが、

その話の中で、実はMもお仲間で、
入社当初から私に興味を持っていたことを知りました。

興奮と嬉しさと色々な感情が混ざった私は、気がつくと、Mの唇を奪っていました。
Mに嫌われたくはないので、抵抗されたらやめるつもりでしたが、
彼はそのまま目を閉じて、身体を預け、ビックリすることに舌を入れてきました。手を股間に持っていくと、既に勃起しているのがわかりました。
そして、

「このまま一緒にお風呂入ろう?」と言ってきました。

そんな申し出を断るはずもなく、私は先に服を脱ぎ、湯船の中でMを待ちました。
続いて入ってきたMは、真っ白なきれいな身体をしていて、驚くほどの巨根です。私の勃起はもう爆発寸前でした。

湯船の中に入ってきたMは、いきなり私の勃起を水面上に出して、
思いっきり銜えだしました。

その後、2人で身体をお互いに洗ったりして楽しみ、
ウケだというMに対して、湯船のヘリを使って挿入しました。
ヌチャヌチャといういやらしい音と、

Mの「ウッ、ウッ」という呻き声が風呂場に響きます。
私は、明るい風呂の中で、憧れのMを突いているというこの興奮から、
今までの人生で一番幸せ、かつ量の多い精液を、Mの中に注ぎ込みました。

それからは、私とTとMで、よく3Pをします。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。