ホーム » BL小説/イケメン » 【BL】会社のイケメン後輩(25)と酔った勢いでエッチしたwwwwww

【BL】会社のイケメン後輩(25)と酔った勢いでエッチしたwwwwww

【BL小説R-18】会社の後輩と

今年31になるリーマン。職場に好きな後輩(♂)がいるものの、中々想いを伝える機会もない。お堅い職場のことだ、ゲイだなんてバレたら良くて左遷、最悪クビだ・・・

イケメン後輩

俺、31歳。

後輩のハルヤは25歳。

ハルが入社してから3年同じ職場だった。

彼は爽やかなイケメンで、三浦○馬に似ている。

もてるのに彼女いない草食系だ。

彼とは休日も会って遊ぶ仲になっていた。

俺は次第に彼を好きになっていった。

温泉で見た彼の体は、綺麗なスジ筋で、腹筋も程よく割れていた。

チンポは皮が半分被っている。

俺はハルの勃起チンポを想像して何度もシコった。

飲んだ日に彼の部屋に泊まるのが嬉しかった。

彼は俺に甘えてくる。

ソファに二人で座ると、

「今日は飲み過ぎた~」とか言って俺にもたれかかってきたり。

俺も酔って、彼の腹筋を触って「いい身体してるな~」とか。

何度もハルとやるムードはあった。

でも、一線を越えると、いままでの関係が崩れそうで出来なかった。

一度だけ、寝ているハルの短パンのモッコリをそっと触れてみただけだった。

そんなハルが、急きょ本社に転勤することになった。。

ショックだった。

好きなハルと会えなくなる。

ハルも、

「なんで僕なんですかね…なんか本社忙しそう」と落ち込んでた。

俺はハルをのみに誘った。

ハルのキャリアのためになるからと、笑顔で彼を励ました。

でも飲んでると、何かつらくなって、涙目になってしまった。

「先輩…?」

心配そうに俺を見るハル。

「ごめん、なんかもうハルと会えなくなると思うと、なんかさみしくなるかなってさ」

「先輩、そんなに言ってくれて、なんかうれしいです。」

「あーっ、なんか湿っぽくなったな!ごめんごめん、よし、今日は飲みまくるぞ」

「そうですね!」

ハルがニコッと笑った。

俺はその笑顔を記憶に焼き付けた。

それから何件かまわり、いつものようにハルの部屋に泊まることにした。

俺がソファに座ると、隣にハルが座ってきた。

「先輩~今日も飲みましたね~。もう眠い~」

ハルが俺の肩に顔を乗せてきた。

爽やかなハルの香りに誘われ、俺はハルの頭を撫でた。

「ハル、頑張ってな。」

「はい…でも…」

「でも?」

「なんか先輩と離れたくない…」

ハルが俺を見つめてきた。

俺はもう我慢できなかった。

俺はハルに顔を近づけた。

ハルは目を閉じた。

そしてハルの唇にキスした。

そこから理性がなくなった。

俺は舌を入れてはげしくキスした。

ハルは抵抗もせず受け入れた。

キスしながらYシャツのボタンをはずし、艶やかで締まった体を撫でまわした。

はぁっ…

ハルの漏らす声に俺は興奮していく。

乳首をさわると、ピクッとハルが感じた。

「ハル、乳首感じる?」

「んっ…うん…」

俺は乳首にキスして、しゃぶりついた。

舌で豆をころがしたり、甘噛みしたり…

ハルはもろ感みたいで、体をよがらせて感じまくっている。

乳首を口で責めながら、股間に手をのばした。

ハルのそこは、スーツの上からでもわかるぐらいに勃起していた。

玉から根元、茎、先っぽまで何度も撫でた。

あ…っ

ハルが悶えて声を漏らす。

さらにベルトをはずし、ギンギンに勃起したハルの恥部に手を入れた。

ハルのチンポは熱くなってガマン汁ですでにヌルヌルしていた。

俺は亀頭から溢れるガマン汁をローションがわりにチンポ全体をパンツの中でシゴきまくった。

あんっ…はぁっ!あっああっ!

ハルはその甘いマスクをゆがませて感じてくれていた。

あえぎ声をもらす口を俺はキスでふさぎ、ハルの舌に舌を絡めて口内もまさぐった。

ハルは俺の背中に手をまわし、きつく抱きついてきた。

チンポがビクビクとした脈打ちが手に伝わってきた。

さらに包皮をむいてカリ首を擦ったり、亀頭を手のひらでぐりぐりとしてやると、

あーっ!はぁくっ!んあっ!と口をはなして悶えまくる。

「ハル…ハルのチンポ、舐めていい?」

「う…うん…」

パンツをずらして、勃起チンポをみた。

これが夢にまでみたかった、ハルの勃起したチンポ…、ピンク色の亀頭はガマン汁でいやらしくテカり、ギチギチの肉棒には血管が浮き出て、爽やかな彼にはにつかない卑猥なチンポ…。

俺はねっとりとスジから亀頭をなめあげ、口に含んだ。

ジュボ…ジュルジュル…ジュボジュボ…

徐々にシゴきを速めていく。

ハルはのけぞって感じまくっている。

あっ!ああっ!いくっ!いっちゃう!あーっ!

ハルのチンポから濃厚な精液が勢いよく射出され、俺の口から溢れた。

俺はそれを飲み込んだ。可愛いハルの精液はおいしい味がした。

射精してからハルの荒い息がおさまると、今度はハルが俺を仰向けにして乗ってきた。

「先輩…今度は僕が先輩を気持ちよくしてあげる…」

それからベッドに移り、はげしく抱き合いました。

 

カテゴリ:BL小説/イケメンの最新記事

カテゴリ:BL小説/リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。