ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】還暦おじいさんにフェラチオさせて来たんだがwwwwwwww

【ゲイ】還暦おじいさんにフェラチオさせて来たんだがwwwwwwww

【体験談】岐阜県在住の営業マンさんからの投稿。数年前から男性に興味は持ち出したものの、田舎町に住んでいることもあってなかなか機会に恵まれなかった投稿者。しかしそれも限界!掲示板の存在を知り、さっそく近所で検索してみると1人のおじいさんに出会ってしまう・・・

エッチな還暦おじいさん

30代になってからこちらの世界に興味を持ちました

ネットで掲示板などを見ていましたが、なんか怖くてなかなかリアルでは会う気にはなれませんでした。

それでも興味と好奇心から「チンポを触ってくれる人」で募集したところ60代の方から返信をもらいました。

60代なら何かあっても抵抗して逃げ切れると思い その人の家に行くことになりました。

その日は平日の昼下がりでその方の家は古いボロいアパートでした。

部屋の前で緊張でもう心臓がバクバクでしたやっぱり引き返そうとも思いましたが、好奇心の方が強くドアを開けました。

部屋は明るく2DKの間取りでやはりボロい部屋でした。

寝室にベットもありましたが居間に布団が敷かれてました。

迎え入れたのは小柄で小太り色黒のイケてないおじさんでいた緊張しながら挨拶をし「初めてなので勃起しなかもしれません」と言うと「かまわないよ」と言ってくれました。

特に会話も無く「じゃ、脱いで」と言われ居間で全裸になりました。

そして布団に横になりました。

緊張で全く勃起しませんでしたが、おじさんはチンポを触ったり舐めはじめました。

おじさんは体温が高いらしく口に入れられた時に熱くネットリした感覚が有り一気に勃起しました。

おじさんはいやらしくもうビンビンじゃんと嬉しそうな顔をしました。

よく見るとおじさんは前歯がありませんでした。

そのせいか物凄くフェラが気持ちよく喘いでしまいそうになりおじさんは「声出していいよ」と言ったので女のように声を出してしまいました。

今度は全身中を淫獣のように舐めましてきました。

アナル見せて言われ四つん這いになり尻を左右に開き、それを見ておじさんは「いいアナルだ」と言いアナルに吸い付くように舐めまわしました。

ボロアパートの昼下がりの明るい部屋で知らないおじさんに舐めまわされる背徳感と快感で興奮は最高潮に

我慢の限界で「もう出る」と言うと「いいよザーメン飲まして」と言われたので一気にイキました。

おじさんは興奮しながら最後の一滴まで吸いつくし、うまいザーメンだと満足そうでした。

それからは年に数回昼間にあの部屋に行き、おじさんに舐めまされてます。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。