ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】柔道の顧問にアナル処女を奪われたデブDC君の末路

【ゲイ】柔道の顧問にアナル処女を奪われたデブDC君の末路

先生の上反りマラで・・・

愛知県在住の種壺さんからの投稿。高校時代、デブなせいでイジメられていたという投稿者。ある日の放課後、いつものようにイジメられていたところ、柔道の顧問の先生が助けてくれたんだとか。何かと気にかけてくれて相談にも乗ってくれるいい先生で・・・・・・
ポッチャリ肥満男性のアナル交尾
俺は高校の頃にデブだっただけでイジメられていました。

高校2年のある日、放課後にいつものようにイジメられていたのですが、柔道の顧問の先生が助けてくれました。

後日、先生は「他にも悩み事があるのなら俺が聞いてやるから」と言ってくれて学校から少し離れた場所で待ち合わせて、先生の家に車で連れて行ってくれました。

マンションの4階の先生の家に着くと、二人掛けのソファーに座り、ジュースを飲みながら優しく色々聞いてくれました。

先生がジュースのおかわりを持ってきてくれたのですが、体がやけに熱くなり2杯目を一気に飲むと、頭がボーとして力が入らなくなっていきました。

先生はそんな俺を見ながら立ち上がり何故かカーテンを閉めると部屋を真っ暗にしてしまいました。そして俺の隣に座ると、体を触りながら制服を脱がせ、ズボンもパンツも脱がされました。

抵抗しようとしても力が入らず、柔道の顧問をしている体育教師の力には勝てるはずもなく、キスされ体中を触られ、オナニーしか知らない俺は勃起させられましたが、まだ包茎で肉に埋まった短小チンポを先生に舐められました。

そして、童貞の俺はあっさり先生の口に出してしまったのです。

先生は精液を飲み干すと「若い童貞男のは濃くてウマいぞ!俺の言う事聞いておけば、イジメはなくなる。オマエみたいなデブが俺は好きだからな(笑)」そう言うと先生は自らも裸になると、筋肉美の肉体に童貞の短小な俺が驚く程のデカマラが、上を向いて反り返り腹に当たりそうになっていました。

先生に俺は抱えられながら、風呂場に連れて行かれ、シャワ浣されてベットに押し倒されました。

先生にキスをされ、その時に当日は合法だった興奮剤を飲まされ、乳首やチンポやアナルを舐められていると、気持ち良すぎて嫌だとは全く思わず、先生を好きだと思うようになっいきました。

「最初痛いかもしれないが我慢しろよ」

先生はアナルにチンポを当てがうと、ゆっくり挿れてきました。

最初は少し痛かったけど、優しく「痛くないか?大丈夫か?」と聞かれ、先生の優しさが嬉しかったです。

俺は上反りの先生のデカマラが前立腺に当たり、声を出して感じていました。

先生も「若い初物は締まりがいいし、オマエのトロマンは最高だぞ」と、激しく突いてくれていました。

俺は途中から意識が飛んでいて、気付いたら先生に抱きついて寝ていました。

「目が覚めたか?」

俺は先生に「先生が好きです!」と言いました。

「俺もオマエが好きだ!薬使ってゴメンな」

「オマエがよかっら、また抱かせてくれ?」

「先生となら」

「オマエも初めてなのにトコロテンしてたし、また中出しして孕んでくれよ」

この日は既に夕方の6時を過ぎていたので、先生に家の近くまで送ってもらいました。

連絡先も交換してもらったので、この日から月に1〜2回先生の家に行って、朝から夕方遅くまで全裸で、先生の好きな時に掘ってもらうようになりました。

卒業祝いに風俗で女も経験させてもらい、卒業後も暫らく会っていましたがそのまま自然消滅しました。

俺は結婚して子供も出来た今でも、特定の人に掘ってもらう日々が続いていて、女より男に愛され抱かれたい欲望が強いです。

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。