ホーム » ノンケ » 【ゲイ】関西弁の年上リーマンにお尻を開発されてしまいました・・・・・・・・・

【ゲイ】関西弁の年上リーマンにお尻を開発されてしまいました・・・・・・・・・

年上リーマンの言いなり

大阪府在住の中年リーマンさんからの投稿。45歳になるまでゲイだという自覚も、男性との経験もなかったという投稿者。しかし仕事の出張先で出会った男によって人生を変えられてしまう。関西弁で強引にお尻をまさぐってくる相手男性・・・
スーツ姿で掘られるリーマン
まさか私が、45歳を過ぎてからコチラの世界を知ることになるとは夢にも思いませんでした。

私は地方都市に数日間、出張滞在中でした。

宿泊先のビジネスホテルで、朝と夜によく見かける私よりも少し年上の、体の大きな男性がいたのです。

出張2日目の夜、フロアーの自動販売機でビールを買っていると、たまたまその男性もビールを買いに部屋から出てきたようでした。

「こんばんは、出張ですか?」と声をかけたところ、とても雰囲気のいい方で少しお話しすることになりました。

男性は私と同じく数日の出張滞在で、大阪在住ということでした。

話も結構盛り上がってしまい、その男性の部屋でビールでも飲もうということになりました。

部屋では少し飲みましたが、そのうちに何故かモヤモヤした気分になっていきました。

男性は浴衣の下は何もつけていないらしく、半勃ちのチンポが見えています。

そして肩を組まれ、押し倒されて胸をはだけられると、乳首を吸われもう動けませんでした。

私は女とセックスする時も、乳首を吸われると本当に弱いのです。

男性相手にビンビンになってしまいました。

「よしよし、ええなあ、思うたとおり、ええ肌や。」

男性はそう言いながら、私の体を触り舐めまわしました。

そして「おまえ、女やな。女の気分になれ、自分を女やと思うんや。おれに身を任せるんや。」と。

「あ、はい・・」そう言われると不思議とそんな気になりました。

結局、その晩、尻に指三本まで受け入れながら、チンポをしゃぶらされました。

お尻を開発され、ウケの快感を覚え込まされたのです。

指の後、私は男性の大きなチンポを受け入れました。

「おお、おお、ええぞ!ええぞ!ああ、気持ちええ!」

喜んでもらえたことが、思った以上の感動がありました。

男性とはしばらく体の関係が続き、彼のオンナにされました。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。