Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 巨根 » 【ゲイ】ヘソに付きそうな上反りデカチンポ野郎と付き合った末路wwwwwwww

【ゲイ】ヘソに付きそうな上反りデカチンポ野郎と付き合った末路wwwwwwww

反り返る巨根

【体験談】岡山県在住のフリーターさんからの投稿。友人の紹介で知り合った男性とついに付き合うことになった投稿者。ラブラブ真っ只中のある日に初めて彼の部屋に行くことになった。楽しいセックスを期待していた投稿者だったが、待ち受けていたものは・・・

ガン反りデカチンポとの体験談

 

彼とは最初はあんまりデカ過ぎて今のようなセックスはできなかった。

 

お互い好きだという気持ちだったからセックスすることには抵抗はなかった。

 

形の上では告ったのは僕の方からでそれは間違いないけれど、雰囲気は相手の方がアリアリだったと思う。

 

最初からお前は俺のモノって雰囲気で、弟ののような愛人のような雰囲気で僕のまわりを見てたみたい。

 

彼の部屋に誘われたときは正直それなりの覚悟はしてた。

 

お酒を飲まされてそういうムードになってじゃれ合うみたいなのが続いて。

 

それでまだ躊躇ってるみたいだから身体の大きな彼に押さえ込まれ、下からキスした。

 

唇にかすった程度だったけれど彼が力を緩めたので今度はちゃんと唇を合わせた。

 

先に、好きだよと言ったのは僕。だから僕が先に誘惑したことになっている。

 

そんなことはいいんだけど、パンツを脱いだ彼を見てびっくり。

 

温泉なんかで男の裸は当然見てるけれど、大人の男の性器が勃起してるのを見たのは初めて。

 

それでなくても人のは大きく見えるのに、ほんとにでっかいんだもの。

 

そして角笛みたいに上に向かって反り返ってあるの。

 

勃起した先がヘソに届きそうになってる。

 

反り返って太い竿に尿道が盛り上がってる。

 

僕は処女だもの。怯えてしまって。

 

だから僕たちの最初は素股。

 

当然、口でも頑張ったけれど合体は何度チャレンジしても出来なかった。

 

時間が掛ったぁ、2ケ月くらいは手コキと素股とフェラ。

 

それでも彼が好きだったし、もっと好きになっていけたから。

 

ある日、合体成功!

 

酔っ払ってアソコがぐにゃぐにゃだったのがよかった。

 

酒臭くて閉口したけど、合体成功でそれどころじゃない。

 

僕、絶叫してたもの、絶対張り裂けると思った、尋常じゃない痛さだった。

 

最初はぐにゃぐにゃだったモノも、僕の中でだんだん硬くなってくる。

 

中に木製バットが刺さっているのかと思うような硬さ。

 

怖かった・・・。

 

今は同棲してるから、毎日顔を合わせている。

 

仕事が仕事だから夜が遅くて、毎日終電ぎりぎり。

 

仕込みもあるからその日はお店で仮眠して築地に直行する。

 

僕は来春まで専門学校生だから生活時間がズレる。

 

それでも新婚生活してるみたいで楽しい。

 

同棲してしまうとセックスも生活の一部みたいになる。

 

さりげなくというか、普通のことのようにセックスが始まってる。

 

彼の明日の仕事を考えてしまうから、なるべく早く満足させてあげないととか疲れさせてはいけないと思ってしまう。

 

だから僕が彼の上にさっさと乗ってしまって咥え込んでしまうことが多い。

 

でなければフェラで頑張って盛り上げてしまうとか。

 

でも、最近よくわかってきんだ。

 

彼が一番興奮してるのは僕が感じて取り乱していることなんだね。

 

相当感度があがってきてはいるけれどまだまだ仕込み途中だから。

 

トコロテン、彼の為にしてあげたいなぁ。



 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索