ホーム » ノンケ » 【ゲイ】お金の為にフェラチオさせて鬱になったノンケの話

【ゲイ】お金の為にフェラチオさせて鬱になったノンケの話

後悔してます・・・・

群馬県在住の投稿者が学生だった頃、バイト先のおばさんに誘われて、あるアパートに行くことになった。そこには知らない中年男性が住んでおり、ある儲け話を持ちかけてくる・・・
熟年さんのフェラ
大学生時代の誰にも言えない話を告白します。

当時、貧乏学生の私は居酒屋でせっせとバイトに励んでいました。

たまにバイト先に飲みに来る派手な服を着たマサエさんという50代の女性と仲良くなり、仕事が終わってから何度かご飯をご馳走してくれました。

もちろん、おばさんなので性の対象外と思っているので、その日もバイトが終わってからファミレスに行きご馳走になりました。

そこでマサエさんが「あなた、お金欲しいって言ってたわよね。ちょっと小遣い稼ぎがあるんだけど、やってみない?」と私に言ってきたのです。

そして内容を聞いてビックリしました。

要は、フェラしてもらって1万円貰えるというものだったのです。

私がするのではなく誰かにしてもらって、さらにお金が貰えるバイトってオイシイ話だと思い即okしました。

心の中で最悪マサエさんくらいのおばちゃんでも我慢できる範囲だなと思い、話にのってしまったのです。

その日はそこで別れて、約束の日にマサエさんと合流して、とあるマンションに連れて行かれました。

玄関前でマサエさんと別れ、中に入ることに。

このとき、これから見ず知らずの人にフェラチオしてもらえるんだと思っただけで興奮して半勃ち状態でした。

そして、いよいよ、その部屋のドアを開け中から出迎えてくれたのは、なんと50歳くらいのおじさんでした。

『え?男?・・・・まさか~っ』と落胆したけど、マサエさんの顔に泥を塗っては行けないので引き返すことが出来ず、居間に通されました。

ソファーに座らされ、軽く世間話をしてシャワーに入るよう言われ、シャワーを浴びながら、え~い引き返せないしシャブられるだけだしと覚悟を決め、我慢することにしました。

シャワーから出ると、私の服が無くなっていて白いバスローブだけが用意されていました。

それを着て居間の方に行き「あの~、私の服は?」と聞いたら50代のおじさんが「心配しないで、事が終わるまで預かるシステムになっているから・・終わったらちゃんと返すよ」と言われたのでした。

私の容姿はバスローブと中はスッポンポン状態でソファーに座り、おじさんが照明を間接照明に切り替えてエッチなdvdを流し、私の前にしゃがむように寄って来ました。

私は、我慢してdvdに集中すれば事が終わると思い、身をまかせました。

おじさんは私の身体を弄り始め、両足を広げられてチンポが露出してしまい、まじまじと同性に見られてしまい相当恥ずかしかったです。

ソフトタッチに下半身と乳首を弄られ手コキしてもらったときには同性相手に勃起してしまい、穴があったら入りたい気持ちでいっぱいでした。

そして、とうとうフェラをされ私はおじさんの方を見ない様にしてDVDに集中しました。

おじさんの髭剃り跡のジョリジョリという感覚に違和感をもちましたが、気持ち良い事に集中して、私も声が出ないくらいの吐息を発し、とうとう出そうになり「う~、っで、出ます~」と言いながら、おじさんの口の中に精子を出してしまいました。

おじさんは美味しそうに喉を鳴らせて飲んでいました・・・・

その帰り道の虚しさは今でも強烈なトラウマです。

やっぱり甘い話には、もう乗らないと決めたのでした。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。