ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】父に犯される日を夢見るガテンフェチの話

【ゲイ】父に犯される日を夢見るガテンフェチの話

【体験談】高知県在住の学生さんからの投稿です。中学のころ父が会社の女性と不倫セックスしている現場を目撃した投稿者は、女性の裸体ではなくガテン系の引き締まった父の筋肉に釘ずけになり、いつしか父に犯されたいと思うようになった結末・・・・・

ガテンフェチの体験談

 

建設業を営む父の引き締まった身体を見て興奮するように成ったのは中学の終わり頃からです。

 

というのも、父と会社の事務の女性とのセックスの現場にたまたま遭遇したことがきっかけでした。その女性の身体よりも父の引き締まった身体に興奮した僕は、それから父の勃起したペニスに犯される様を想像してオナニーするようになりました。

 

ある日酔ってソファーで寝ている父の股間が勃起している事に気付いた自分はたまらなくなり、そのペニスを短パンの上からさすってみました。

 

更に大きくなった父のペニスをさらにさすりながら、僕はオナニーを始めました。あまりに夢中になってて父が眼を覚ましつつ有る事を忘れてしまって居ました。

 

僕が夢中になっていると、父が急に僕の右腕を掴んで引き寄せ

 

「お前のも結構立派なんだな…」と囁き、僕のペニスを握ってこすりはじめました。

 

僕はもう混乱してよくわからない内に父の手の中で射精してしまいました。

 

父は僕の息が落ち着くのを待って、

 

「俺のはまだこんなんなんだ…」と言って僕の手を取ってペニスを扱くように言い、ほどなくすると

 

「咥えてみるか?」と僕の頭に手を添え股間に誘導しました。

 

初めてのフェラチオ…。うまく出来るはずもないんですが、なんとか父に喜んでもらおうと必死で咥えました。

 

異様に興奮していた父も5分ほどで僕の口内で果てて、2人でそのまま寝てしまいました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索