Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » BL小説/SM調教 » 【BL小説】高校時代から顧問の先生に調教されてるんだ・・・・・

【BL小説】高校時代から顧問の先生に調教されてるんだ・・・・・

終わりのない乳首責め地獄

高校時代、顧問の男性教師に犯されてしまった俊介。しかしそんな事実を親や教師には相談できないでいた。そんな俊介の弱味に付けこみ、顧問の変態乳首開発は何年も続く・・・・

俺はいま大学生。

 

高校の頃から陸上やってます。

 

彼女いるけど、絶対に言えないことがあります。

 

 

それは、高校時代の陸上部顧問の先生と今も会っていること。

 

会うだけならいいのですが、それは僕が調教されているからです。

 

そいつに、高校生の頃、おかされてしまいました。

 

始めは抵抗したけど、次第に身体がおかしくなって、感じてしまいました。

 

精神的に傷ついたけど、身体があの快感をおぼえてしまったんです。

 

学校や親にはその事は話せませんでした。

 

あいつにあそこやお尻をまさぐられ、イカされたなんて、そんな恥態を話せませんでした。

 

それから、あいつの慰みに僕は嫌ながらも応じてきました。

 

いえ、それを求めるもう一人の僕がいるのです。

 

つい先日の土曜に、先生から呼び出しがありました。

 

「まっていたよ、俊介。3ヶ月ぶりだね。」

 

玄関であいつはキスしてきました。

 

タバコ臭さに顔をしかめました。

 

そんな僕をいたぶるように、あいつは僕の口内をわざと音をだしてまさぐり続け、僕の服を脱がしていきます。

 

素肌が顕になると、「あぁ、俊介の体、スベスベしてたまんないね」とにやついて舌で首筋や胸、腹筋を愛撫してきました。

 

僕はじっと我慢しますが、次第に身体が疼いて、つい感じて声をもらしてしまう。

 

意思に反して身体が反応してるのを見透かすように、あいつは僕のあそこをまさぐりながら、脇腹から乳首に吸い付いてきました。

 

昔から執拗に乳首を責めてくる・・・

 

もう、僕の乳首は女の子みたいに肥大してしまっています。

 

あいつの愛撫に、僕はもろ感じてしまい、勃起してジーンズをパンパンにしてしまいました。

 

「俊介、うれしいよ、やっぱり俺からされると、男でも感じるんだね。」

 

それからねっとりと時間をかけて、あいつは俺を舌で愛撫し続けました。

 

僕の身体が火照ってきて、パンツがガマン汁で濡れだしたのを、クソッ、なんで感じてやかるんだ、と歯を食い縛り、耐えました。

 

でも、あそこはどんどん昂って、

 

僕は、あっ…あぁ…。と、こみあげる性感に声をもらしてしましいました。

 

「俊介、こんなにあそこを窮屈そうに勃起させて、気持ちいいんだね」

 

ジーンズが膝まで脱がされ、ワインレッドの艶のあるピチピチのボクブリが晒されました。

 

その勃起した先端が、ガマン汁で濡れまくってました。

 

僕は恥ずかしくて目をそらすけど、あいつは「俊介、こんなにガマン汁で濡らして、たまんねぇな」みたいなこと言って、俺を寝室につれていくと、ベッドに押し倒しました。

 

そして、アイマスクと、両手を後ろ手に、両足首も縛られ、視界と自由を奪われました。

 

それから、ブーンと振動する音が近付いてきました。

 

ふいに乳首に刺激を感じました。

 

視界が遮られると、神経が過敏になって、性感が増幅され、僕は悶え声をあげました。

 

ベッドの上で悶えまくる俺を楽しむように、あいつは俺を押さえつけ、乳首を重点的に責めてきます。

 

「俊介~、乳首せめられて、パンツがガマン汁でびちょびちょになってるよ、ほんとに淫乱な身体だね、ほら、ここも責めてあげるよ」

 

パンツ越しにあそこの先端にローターの刺激がきました。

 

うう~っとうめく俺の乳首に吸い付かれ、今度は強く噛んできました。

 

あまりの痛さに、僕は、「痛いっ!だめっ、やめてくたさいっ!と懇願するも、うるさいなぁと猿轡をされてしまう。

 

乳首を甘噛みしたり、舌で転がしたり、ぎゅぅーっときつく噛んだりして、僕は呻いて腰をふり、悶えることしかできません。

 

あそこにローターがあてがわれたまま、先端から竿、根元までなぞられ、射精しそうになって、それだけは嫌だからのけ反って抵抗してたけど、抵抗すればするほど、あいつは歓喜の声を上げるのです。

 

「さて、そろそら俊介のあそこ、食い時になったかな?」

 

チンポがパンツから取り出されました。

 

「俊介、すげぇ、勃起チンポがビクビクして、美味しそうだね」

 

すると、ぼくのあそこは、なんかぬめったものに包まれました。

 

そして、何かが亀頭をなぶり、根元や竿を締め付けられ、ジュボジュボと音がしました。

 

目隠しでも、フェラされてることはわかりました。

 

あいつはいままでの経験で、ぼくのツボを知ってます。

 

僕の一番過敏な亀頭や、カリくび、うらスジを丹念に、ねっとりとなぶってきました。

 

視界が遮られると、性感が何倍にもなるのは僕の体質なのでしょうか。

 

僕はすぐ絶頂に向かわされました。

 

「もういきそう、あっ、いくっ!」

 

その時でした。

 

僕のあそこが、ぬめりの渦から開放されました。

 

「俊介、残念だな、まだイカせてやらないよ。」

 

寸止めでした。

 

「俊介のイクときの顔が見たいからね」

 

アイマスクをはずされ、再びチンポをしごかれました。

 

でも、僕は何度も寸止めされました。

 

さらに、チンポの根元をゴム紐で縛られ、パンパンに張った亀頭やカリ首を、しごきまくられ、もどかしい絶頂感に襲われ、失神しそうになりました。

 

もう、我を忘れ、ヨダレを垂れ流し、怒涛の性感に襲われて…

 

射精しちゃった?

 

いや、それは精液の放出が伴わない絶頂だったと思う。

 

これって空射精だったのか?

 

なんどあいつに、いかせてと、哀願したのかわからない。

 

「まだいかせないよ」

 

いやらしく笑うあいつの顔が、脳裏に浮かぶたびに、僕はもう会うのは辞めようと何度も思った。

 

あいつの性欲を満たすのは、僕の苦悶の表情だと言っていた。

 

僕はこの関係を絶ちたいのに、もう一人の僕が其れを拒んでいるんだ。

 

「俊介、もっとお前をめちゃくちゃにしてやる…。」

 

僕をうつ伏せにして、股をひらかせると、アナルを舐めてきた。

 

「美味しいなぁ、俊介のアナル、ああっ、最高だぁ」

 

あっ…ああっ…。

 

「ほら、アナルがひくひくして、何か欲しがってるみたいだね、これがほしいのかな?」

 

あいつはローションを垂らすと、ローターをアナルにあてがった。

 

ローター振動が、僕をさらにおかしくしていく。

 

あいつはローターを俺にいれると、グリグリと俺の奥に入れ込んでいく。

 

ローターがチンコの根元あたりまで入れ込まれたとき、僕は絶叫して、痙攣した。

 

「あはっ、ここが俊介のGスポットだね」

 

さらにグリグリと押し付けられ、ぼくの先っぽからは、透明なガマン汁が溢れ、糸を引いてベッドに落ちた。

 

「俊介、もっと気持ちよくしてやるよ」

 

ローターを入れられたまま、あいつのペニスが俺の下半身を穿った。

 

僕は息ができないかのように身体が火照って硬直した。

 

それをほぐすように、あいつがゆっくりと突いてくる。

 

ぐちょ、にちゃっと、俺のアナルをローターとともにおかしあげてくる。

 

あいつのペニスとローターの異物が、俺の腸内をかきみだし、僕は声を上げてよがった。

 

やつはバックで入れたまま、僕の上半身を抱き上げ、乳首やチンポを責めながら、ピストンのスピードを上げてくる。

 

さらに、やつは、おれの肩を強く噛んできた。

 

やつは知ってたんだ、僕がエムで、痛みにも感じてしまう体質なのを。

 

やつの渦巻く性欲のなかで、俺はとうとう射精してしまった。

 

呆然とするなか、僕の口にあいつのペニスが押し込まれ、ダッチワイフのように扱われて、僕の口にあいつは射精した。

 

放心状態のまま、俺は寝てしまっていた。

 

日曜の朝、起きるとあいつのベッドの上だった。

 

布団からでると、裸のままで、肩には歯形が。

 

そして、乳首は噛まれてにじんだ血が付着していた。

 

くそっ、ここまでやるかよ。

 

俺は毒づいた。

 

「俊介、ごめんな。」

 

あいつも起きてて、俺を抱き寄せると、また愛撫を始めて、俺は昼まで何度もイカされた。

 

もう身体が拒むことができなくなっている。

 

もう乳首は完全に開発されてしまってTシャツが擦れるだけで感じてしまう。

 

玩具みたいな身体にされてしまった。

 

せめて、あいつの噛みぐせはなんとかしてほしい。

 

たぶんX'masまでには、歯形は消えるだろうけど、彼女に体についた歯形なんか見せられないよ。



 

カテゴリ:BL小説/SM調教の最新記事

カテゴリ:BL小説/男子高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索