ホーム » ノンケ » 【ゲイ】高2テニス部員が大事な試合に負けて呼び出された末路・・・・・・・・・・・・・

【ゲイ】高2テニス部員が大事な試合に負けて呼び出された末路・・・・・・・・・・・・・

テニス部のレギュラー争い

長崎県在住の学生さんからの投稿。高校時代にテニス部に所属していた投稿者。レギュラーに選抜されたものの、夏の大切な試合で負けてしまう。試合に出ることすらできなかった先輩から逆恨みされた投稿者は・・・
手コキされる学生
高2の頃、オレはテニス部に所属していた。

夏のIH予選試合に負けて、その翌日先輩に呼び出された。

「昨日の無様な試合は、なんだ?」

俺は実際のところ先輩よりも実力があると自負していた。

監督ももちろんそれを認めていて、俺がレギュラーとして選び試合に臨んだのだが足を捻ってしまい力を発揮できず…

先輩は、自分が出場できなかった事に対して俺を恨んでいるようだった。

そして、俺を罵しりながらジャージを脱がして、玉を揉みしだきだしたんだ。

「先輩、やめてください!!!」

俺は、そう叫びながらも何だか変な気分になっていた。

「お前さ、抵抗するくせに勃ってるじゃんか。座れよ」

言われた通り座ると、先輩は更に強弱をつけながら、握りこんでくる。

それだけで、もうイキそうになってた。

突然、手を離し乳首とヘソを舐めてきた。

くすぐったい。そのくすぐったさが徐々に快感へと変わってくる。

半勃ちになったところで、何とチンポを先輩が咥え舌で激しく刺激を加える。

もう、ダメと思ったときシャブるのを止め、鼠径部をマッサージされ舌で乳首を転がしている。

俺は、自分でチンポを握り上下に高速で運動しようとしたその時、玉をデコピンされた。

「おいおい、その手はなんだ?どうしたんだ?」

先輩は、縮み上がったものを見てきいてくる。

答えをまたずに、デコピンは続く。

先輩は、「もう勝手な事しないよな?」

もう、頷くしかなかった。

先輩は、玉を咥え優しく転がす。

溜まっていたものが徐々に上がって来て、その刺激に悶え身を任せるしかなかった。

「先輩、もう限界です。どうかなりそうです。」

お願いするも、先輩は聞いていないふりをする…

「どうしたいんだ?」

そう聞いてきた先輩にイキたいです。正直にそう答えた。

先輩は「試合で勝手に負けといて、イきたいなんて勝手なことほざくんじゃねぇ!!!」と一喝し帰って行った…

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。